マネーコラム

2019年最新版!キャノンおすすめプリンター選び方4つのコツ

更新日:

多機能で印刷品質や使いやすさが人気のキャノンのプリンター
手軽に写真の印刷ができるのでお子さんの写真や年賀状のプリントなどで重宝している方も多いのではないでしょうか。

私も今ではパソコンもプリンターもなくてはならない存在ですが…

  • 写真がキレイに印刷されなくなってきた
  • 印刷時のズレが気になるようになってきた
  • 電源が入らない

といった故障で買替を検討中です。

ノズルクリーニングを行っても改善されず、購入後5年程経っているのでそろそろ買い替えてもいいのかなと思っています。

買うならキャノンのプリンターなのですが、キャノンのプリンターといってもいろいろな種類があって迷ってしまいますよね。

そこで今回は、おすすめプリンターランキングをご紹介するとともに
プリンターの選び方や、おすすめ機種の比較、私が選んだプリンターもご紹介していきます。

これからプリンターの買替を、と考えている方ぜひ参考にしてくださいね。

キャノンのプリンター おすすめランキング ベスト3

  • PIXUS XK80
  • PIXUS TS8230
  • PIXUS TS6230

PIXUS XK80

PIXUS XK80

≪画像引用元:amazon

フォトブルーを搭載したプレミアム6色ハイブリットインクでワンランク上の写真画質に。
写真印刷が多く、画質にもこだわっている方におすすめ。
大容量インクタンクで、印刷コストもダウン。

製品特徴 高画質で低ランニングコスト、プレミアムデザインモデル
最大用紙サイズ・色数 A4・プレミアム6色ハイブリット
接続方法 無線LAN・Wi-Fi・ワイヤレスダイレクト
機能 プリント・コピー・スキャン
自動両面印刷 対応
操作方法 4.3型液晶タッチパネル
給紙 前面・背面給紙

PIXUS TS8230

≪画像引用元:Amazon

コンパクトなのに機能が充実。
主に文書印刷、写真印刷もする、という方や高画質ハイスペックモデルを探しているという方におすすめです。
本体カラーは、ブラック・ホワイト・レッドの3色、お部屋のインテリアに合わせてお選びいただけます。

製品特徴 高機能でスタイリッシュ。ハイスペックデザインモデル
最大用紙サイズ・色数 A4・6色ハイブリット
接続方法 無線LAN・Wi-Fi・ワイヤレスダイレクト
機能 プリント・コピー・スキャン
自動両面印刷 対応
操作方法 4.3型液晶タッチパネル
給紙 前面・背面給紙

PIXUS TS6230

≪画像引用元:Amazon

充実した基本機能、5色の独立インクです。
文書印刷がメイン、写真印刷はほとんどしないという方におすすめです。

製品特徴 画質もコストもバランス良い、スタンダードモデル
最大用紙サイズ・色数 A4・5色ハイブリット
接続方法 無線LAN・Wi-Fi・ワイヤレスダイレクト
機能 プリント・コピー・スキャン
自動両面印刷 対応(はがきサイズは非対応)
操作方法 3.0型液晶タッチパネル
給紙 前面・背面給紙

少しでも安く買いたい人に!プリンター買い替えの4つのコツ

以前から買替を検討していた方も、急に壊れてしまって購入することになった方も、買うなら少しでも安く買いたいですよね。

以下が少しでも安く購入する4つのコツ。
それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 少しでも安く買いたいなら徹底調査をしよう
  2. 急いでないなら少し待つ!8~9月頃がお買い得!
  3. キャンペーンを利用する
  4. 旧モデルを購入する

少しでも安く買いたいなら価格の徹底調査をしよう

「これを買おうかな」というのが決まっていれば、ネットで価格調査をしましょう!
もし購入機種が未定であれば、実際に店頭でチェック!店員さんに話を聞いてどれが良いのか選ぶのもよいと思います。
家電量販店によってポイント還元・現金値引など割引方法が異なるので、それも含め価格の調査をするのがおすすめ。

急いでないなら少し待つ!8~9月頃がお買い得!

私が家電量販店にて聞いた話なのですが、一番お買い得な購入時期は新モデルが発売される前後の8~9月前後だそうです。
旧モデルが値下げされるので、もしプリンターが壊れていないのであれば、もう少し値段が下がるのを待ってみるのもよいかもしれません。

他にも…

  • 12月:年賀状作成の需要で値引
  • 2~3月:決算セール

だと新モデルも少し割引価格で購入できるので「買うなら新モデルがいい」という方は12月~2・3月のあたりがねらい目です。

キャンペーンを利用する

9月や3月頃にキャッシュバックキャンペーンを行っている場合が多いようです。
こればっかりは、現時点で「9月・3月にキャンペーンがある」とハッキリ言えないのですが
もし買替時期にキャンペーンが実施されていれば利用した方がお得ですよね。

また、今私が買替を検討し、家電量販店をチェックしていたとき
対象機種購入で最大8000円キャッシュバックキャンペーンが実施中でした(しかし対象機種が上位グレードのものばかり…)

旧モデルを購入する

プリンターに限らず、パソコンなども毎年モデルチェンジが行われます。

基本的な機能に加え、LINEからのプリントができる機能、ネイルシールをプリントできる機能など高機能化が進んでいますが
プリント・コピー・スキャンができればいい、という方でしたら新モデルでなくても十分対応できますよね。

そういう方は新モデルがでて、値段が下がった旧モデルを購入するのもよいでしょう。

おすすめ3機種徹底比較

では次にで先ほど紹介したおすすめ3機種の機能を比較していきましょう。

モデル名 PIXUS XK80 PIXUS TS8230 PIXUS TS6230
インク色数 6(プレミアム)
文字ブラック
(顔料インク)
独立インクタンク
最高解像度(dpi) 4800※×1200
※最小1/4800インチのドット(インク滴)間隔でプリントします。
液晶サイズ 4.3型TFT 4.3型TFT 4.3型TFT
タッチパネル
Wi-Fi
自動電源ON
スマートトレイ ○(排紙トレイ自動伸縮) ○(排紙トレイ自動伸縮) ×
スマホ
からのプリント
LINE
からのプリント
PIXUS
クラウドリンク
自動両面プリント ○(はがき非対応)
前面給紙/背面給紙 ○(前面カセット)/○ ○(前面カセット)/○ ○(前面カセット)/○
トレイ印刷 ○(レーベル/ネイル) ○(レーベル/ネイル) ×
カメラダイレクト
(PictBridge)
○(Wi-Fi) ○(Wi-Fi) ○(Wi-Fi)
コピー
スキャナー 2400dpi CIS 2400dpi CIS 1200dpi CIS
インク・用紙 合計コスト
(L判写真)
約12.6円(税別)
(大容量インク使用時)
約19.4円(税別)
(大容量インク使用時)
約17.3円(税別)
(大容量インク使用時)
印刷スピード(L判写真) 約14秒 約18秒 約18秒

上記3機種で大きな違いはないと思いますが

  • インク色数
  • 液晶サイズ
  • スマートトレイ
  • 自動両面プリント
  • トレイ印刷
  • ダイレクトプリントや手書きナビの有無

と、若干の違いがあります。

キャノンのプリンターの4つの魅力

プリンターといえば、キャノンの他にもエプソンやブラザーからも発売されていますが
私は10年以上キャノンのプリンターを愛用しています。

私が感じるキャノンのプリンター、4つの魅力をご紹介♪

  1. リーズナブルな価格帯
  2. 多彩な機能
  3. にじまずくっきり、文書印刷ができる
  4. 自然に近い色合いで写真プリントができる

スタンダードモデルでしたら10000円から、と手の届きやすい価格のものが多く
ワイヤレス印刷や見た目のデザインも魅力。

私が一番気に入ってるのは、文書印刷の際に文字がにじまずくっきり印刷できる点です。
エプソンのプリンターで印刷したもの、キャノンのプリンターで印刷したものを見比べたときに、くっくり印刷されているのはキャノンのプリンターなんだ、と気づいて、それからは買うならキャノンのプリンターです。

私は写真印刷はそれほどしないのですが、運動会・学習発表会など子供のイベントの際には自宅でプリントして両親に届けるので、自然に近い色合いでプリントできる点も気に入っています♪

プリンター 4つの選び方

では次に、プリンターの選び方をじっくり解説していきます。

主に以下の4点を確認していきましょう。

  1. プリンターの種類
  2. インクタンクの形状
  3. インクの色数
  4. 機能

プリンターの種類

プリンターと言っても

  • プリント機能の他、スキャンやコピー機能がついている複合機
  • プリントするだけの機能のしかついていないプリンタータイプ

の2種類があります。

印刷するだけ、でしたらシンプルな機能で誰でも使える、プリンタータイプを。
こちらは本体が小さく軽いため移動が楽、複合機と比べると価格もリーズナブルです。

一方、プリント機能の他、スキャンやコピー機能など、1台でいろいろ使えるのが複合機。
ご自宅はもちろん、オフィスでもお使いいただけます。

インクタンクの形状

≪画像引用元:ヨドバシカメラ
次にインクタンク。
インクタンクは一体型と独立型の2種類があります。
一体型はインクとプリンターヘッドが一体となっており、メンテナンスが簡単、モノクロ印刷におすすめ。
しかしカラー印刷する場合、インクがどれか1つでもなくなるとインクタンクごと交換しなくてはいけないので独立型と比べると割高になります。独立型は色ごとにカートリッジがわかれているのが特徴。
なくなった色だけカートリッジを交換するので、カラー印刷をするなら一体型インクと比べるとコスパに優れていますが
純正のインクカートリッジが1セット4000~6000円前後と少し高いのが気になる点。
もう少し安くなれば嬉しいな、と思います。

先ほど紹介したおすすめ3機種はどれも独立型のインクです。

インクの色数を確認

★文書印刷がメイン:4~5色
文書やモノクロ印刷がメインでプリンターをお使いになるのなら4~5色インク搭載モデルがおすすめ。
キャノンのエントリーモデルのインクは、3~4色の染料インクに加え、濃度が濃くくっきりした顔料インクのブラックが搭載されているので
写真プリントが美しく、文書や罫線もくっきりシャープに印刷することができます。

★写真印刷がメイン:6色
写真を鮮やかに印刷したい、写真の仕上がりにこだわりたいのであれば、青やピンク、黄色、黒の4色にグレーが加わった5色もしくは、文字に強い顔料インクのブラックが搭載された6色のハイスペックモデルがおすすめ。

グレーの染料インクは写真印刷の際に色調の微妙な表現や被写体の奥行・質感を忠実に再現可能となっており
顔料インクのブラックは文字印刷の際ににじまずくっきりきれいな仕上がりとなります。

機能

最近のプリンターはどれもハイスペックなものが多いですよね。
以下、4つの機能についてご紹介します。

  1. Wi-Fiでプリントできる
  2. おうちでスマホプリ
  3. ピクサスクラウドリンク
  4. 自動両面プリント

Wi-Fiでプリントできる

Wi-Fiでパソコンやスマホからプリンターに接続して印刷する機能で
Wi-Fidirect搭載でしたら、Wi-Fiルータ不要でデバイス接合が可能。

パソコンやスマホから印刷の指示があれば、自動的にプリンター本体の電源が入って印刷することができます。

Wi-Fiでプリントできるものでしたら、USBなどパソコンとプリンターを接続するケーブルが不要で配線がごちゃつきません。

最近のプリンターはWi-Fiでプリントできる機種が多く、中にはUSBなどの接続ケーブルは別売りとなっている場合があります。

おうちでスマホプリ

ピクサスの専用アプリ「おうちでスマホプリ」は、スマホから写真の加工やレイアウトが楽しめるアプリで
直感的に操作が可能、簡単にレイアウトを変更したり写真を加工することができます。

  • メッセージ付きの写真を印刷
  • SNSでの写真を印刷
  • スマホだけで年賀状の作成

が可能となります。

ピクサスクラウドリンク

PIXUSクラウドリンクは、各種クラウドサービスと連携し

  • SNSや写真共有サイトから写真や文書を印刷
  • スキャンした画像をデータ保管サービスに保存する

といった機能を、パソコンを使わずにご利用いただける機能。

キャノン独自のサーバーに、プリンターとスマートデバイスの両方から接続可能にすることでワイヤレスで簡単に写真がプリント
さらにインスタグラムやフェイスブックなどSNS上の画像を直接印刷することができます。

また便利なのが、外出先で添付資料をストレージにアップ、帰宅後プリントして確認したり出先でスキャンしたデータをストレージに保存しておくといった使い方もできます。

自動両面プリント

用紙の節約・ランニングコストを抑えたい、という方におすすめの両面印刷機能。

今までのプリンターでしたら、手動で用紙の表と裏を入れ替えていましたがそういった手間もなく、失敗の心配がないので時間の短縮にもつながりますね。

一部機種では「はがきサイズ非対応」となっていますが、A4サイズの用紙が両面印刷できるだけでもありがたいなぁと思いました。

実際に私が選んだのはこのプリンター


私が選んだのはTS8230というモデル

決め手となったのは

  • 見た目が気に入った点
  • 予算内(20000円)以内で買える点
  • 自動両面プリント
  • Wi-Fi対応

他の機種も自動両面やWi-Fiに対応しているのですが、見た目、プリントコストなども考慮し、こちらを選びました。

もっと予算があれば、XK80がほしいのですが、こちらはだいたい38000円ほどになるので断念…。

購入機種を決めてから悩んだのが、購入店舗
近隣の家電量販店とAmazon・楽天での購入ではどれが一番安く買えるのか比較しました。

購入先 販売価格と割引 追加でインク購入する場合
(インクカートリッジ パック
BCI-381+380/6MP)
支払い総額
ケーズデンキ 販売価格:18770円
5%の現金値引:938円
=17832円
販売価格:6663円
5%の現金値引:333円
プリンター:17832円
インク:6330円
合計:24162円
YAMADA 販売価格:19310円
10%ポイント還元:1931ポイント
=19310円
販売価格:5997円
10%ポイント還元:599ポイント
プリンター:19310円
インク:5997円-1931円(プリンターポイント還元分利用)=4066円
合計:23376円
ヨドバシカメラ 18870円
10%ポイント還元:1887ポイント
=18870円
販売価格:6660円
10%ポイント還元:666ポイント
プリンター:18870円
インク:6660円-1887円(プリンターポイント還元分利用)=4773円
合計:23643円
Amazon 17555円 5609円 プリンター:17555円
インク:5609円
合計:23164円
楽天(最安値ショップ) 17120円 4733円 プリンター:17120円
インク:5609円
合計:22729円

一覧にしてみると、プリンター本体の販売価格が一番安かったのが、楽天の最安値ショップで17120円
インクはAmazonか楽天の最安値ショップが一番安いですね。
しかし楽天だとポイント還元率がいまいち、どちらも楽天のショップで購入したとしても808ポイント程度しかポイント還元されません。

私の場合
YAMADAのポイントは貯めておらず、家電製品など買うときはほぼヨドバシ、現時点でヨドバシのポイントが1500ポイントほど貯まっているので
ヨドバシで購入することにしました♪

キャノンのプリンター まとめ

いかがでしたか?

多機能、印刷品質や使い勝手がよく人気のキャノンのプリンター

今回はキャノンのプリンター3機種を徹底比較
買い替えの4つのコツやプリンター選び方もご紹介しました。

キャノンのプリンター おすすめの3機種がこちら

  1. PIXUS XK80
  2. PIXUS TS8230
  3. PIXUS TS6230

どれも大きな差があるわけではないですが
写真印刷にこだわる方でしたらXK80かTS8230がおすすめ。
写真印刷もするけど、文書の印刷がメインかな、という方でしたらTS6230が良いのではないでしょうか。

急にプリンターが壊れて買い替えないといけない、という方や前から買替を検討していた方でも、買うなら少しでも安く買いたいな、と思いますよね。
以下の4つがちょっと安く購入するコツ♪

  1. 少しでも安く買いたいなら徹底調査をしよう
  2. 急いでないなら少し待つ!8~9月頃がお買い得!
  3. キャンペーンを利用する
  4. 旧モデルを購入する

同じ商品でも店舗によって若干金額が違いますので、まずは価格調査をしましょう。
今回は近隣3店舗とAmazon・楽天の合計5店舗での価格調査を行いました♪

またポイント付与率や普段どの店舗を利用しているのかによっても、どこの店舗で購入するのが良いのか変わってきます。
実店舗ならヨドバシでの買い物が多い我が家は、買うならヨドバシかなと考えていました。

プリンターに限らず、定期的に新モデルが発売になりその際旧モデルは値下げとなります。
今すぐ買わなくてはいけない、という場合でなければ8月~9月頃の新モデル発売時期に再度価格調査を行ってみるのもひとつのポイントです。
新モデルにこだわらなければ、旧モデルがお値打ち価格で買えることも。

さらに時期によってはキャッシュバックキャンペーンなど、お得なキャンペーンを実施していることもあるのでその時期を狙うのもおすすめです。

キャノンのプリンター4つの魅力がこちら

  1. リーズナブルな価格帯
  2. 多彩な機能
  3. にじまずくっきり、文書印刷ができる
  4. 自然に近い色合いで写真プリントができる

10年以上キャノンのプリンターを使っている私は、上記4点がキャノンのプリンターの魅力だなと思います。
お値段はキャノン・エプソンともに大きな差はないかもしれませんが、文書印刷の際にくっきり、にじまずに印刷できるのが最大の魅力。
普段、文書印刷が多い私にとっては重要なポイントです。

プリンターを買い替える際、どれを選ぶのが良いのかわからないという方は
プリンターの選び方を参考にご自身のニーズに合うものを探してみましょう。

  1. プリンターの種類
  2. インクタンクの形状
  3. インクの色数
  4. 機能

プリントするだけでいいのか、複合機がいいのか
インクは独立と一体型のどちらがいいか
インクの色数は写真プリントの際の仕上がりに影響があるので、写真プリントがメイン・多いという方でしたら
独立インク5~6色のものが良いでしょう。

その他の機能として、Wi-Fiやスマホから直接プリントできる機能、撮った写真やスキャンしたデータをそのままクラウドに保存することができる機能もついている機種があります。
また文書印刷が多い方は用紙節約・ランニングコスト面でも自動両面プリントができる機種が便利なのではないでしょうか。

キャノンのプリンターおすすめ3機種を比較し、実際に私が購入したのはTS8230

  • ヨドバシカメラで購入
  • 保証に加入
  • プリンター本体は18870円
  • インクはポイント利用して3000円程で購入

合計22000円程度で購入することができました♪

まだ文書印刷のみで写真印刷はしていませんが、文書は文字がくっきり見やすかったです。

これからプリンターの買替を、とお考えの方、ぜひ参考にプリンター選びをしてみてください。

以上、2019年最新版!キャノンおすすめプリンター選び方4つのコツ、でした。

-マネーコラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.