コーヒーセミナー

【スタバのコーヒーセミナー】リザーブのスペシャルコーヒーセミナー内容とお土産は?

投稿日:2018年7月13日 更新日:

スタバのコーヒーセミナー、実は意外と人気があります。

人気店舗での開催の場合、ホームページ上で告知がでるとすぐに満席になってしまうものもあるようです。

セミナーにはおいしいいれ方編やエスプレッソ編など、いくつかの種類がありますが今回ご紹介するのはスターバックスリザーブ店舗での限定セミナー。

夫や友人に美味しいコーヒーや手作りスイーツでおもてなしをするためにスタバでのコーヒーセミナーを受講している私ですが今回はリザーブ店舗でのセミナーの様子をご紹介します。

リザーブでのセミナーは通常店舗でのセミナーとは金額が異なり、4000円
スペシャルコーヒーセミナーという名称なので、いったいどんな内容なのか、セミナー参加前からどきどきわくわくしていました。

では、リザーブ店舗でのセミナーの様子やいただいたお土産など詳しくご紹介していきます!

リザーブ店舗って、大人の雰囲気で高級感があって、通常店舗と比べるとちょっと立ち入りにくい雰囲気だと感じていた私ですがここで行われるセミナーはどのようなものなのでしょうか。

どんな内容なのか、はもちろんですがお土産はなにがもらえるのかにもご興味がある方、ぜひ最後までご覧くださいね!

スタバのコーヒーセミナーとは


スタバのコーヒセミナーはインスタなどのSNSでも話題に。

全国のスタバで開催されているコーヒーのお勉強会のようなものです。
料金は1000円~4000円程度

それぞれ1~2時間程度で、お土産がもらえます。

詳しくはこちらの記事で各セミナーの内容や金額をご紹介しています。
>>【スタバのコーヒーセミナー】アイスコーヒー編の内容とお土産とは

スターバックスリザーブ店舗限定のスペシャルコーヒーセミナーを受講しました

≪引用元:スタバ公式サイト「コーヒセミナー」

では早速、実際に受講した感想等をご紹介していきます。

今回セミナーを受講するスターバックスリザーブのお店

普段スタバにはよく行きますが、リザーブ店舗はあまり行くことがないので、ちょっと緊張します。

セミナーの時間が19時からとちょっと遅い時間でしたのでお客様も多め。
皆さんお仕事帰りに寄られている方が多いのでしょうか。

先日受けたアイスコーヒー編同様、レジでお代金4000円をお支払いして、お席へ。
すでに3名の方がいらしていました。

レジで本日のコーヒー(パイクプレイスロースト)の試飲をいただいてお席へ

今回は…

  • レジュメ2枚
  • メモ用紙
  • コーヒーセミナーの案内

の4枚が配布されました。

先月までは紙のアンケートでしたが今月からはオンラインでのアンケート回答になったそうで、レジュメにQRコードが記載されています。

ウエルカムドリンクは、講師の方が海外に行った時に購入してきたコーヒー。
いつも飲むものとは香り・風味が全く違って、コーヒーっぽくない味でした。

まずは自己紹介から、今回は好きな冷たいドリンクと共に簡単な自己紹介をしました。

次にコーヒーパスポートをお持ちかどうかの確認、もし持っていなければその場で新しいものを頂くことができます。
配布物の確認と他に開催しているセミナーの簡単な紹介をして頂きました。

では早速セミナーの内容をご紹介していきます。


レジュメをみてみると…大きくわけると5つの項目に分かれていました。

  1. コーヒーの味わいとは
  2. コーヒーの風味の違い
  3. スターバックスリザーブの世界
  4. スターバックスリザーブの楽しみ方
  5. スターバックスリザーブの店舗をよりお気軽にご利用いただくために

では次に、実際に受講し、体験した内容をご紹介していきます。

生産地や風味の違いに関してはアイスコーヒー編でも同じような内容でしたが、リザーブの店舗でのセミナーではどのような感じなのでしょうか。

どんな内容?

まずはコーヒーの三大生産地や、風味を表現する4つのポイントなどこれまでのセミナーでお聞きしていたり、コーヒーパスポートに書かれている内容を確認します。

本日のコーヒーセミナーのゴールは
生産地毎にコーヒーの風味が異なりますが、普段聞きなれない珍しい産地のコーヒーに触れる、同じ産地のコーヒーでも風味の違いを再発見する
という感じで…

リザーブでは通常のスタバで販売されているコーヒーはもちろんですが、リザーブでしか飲めない珍しいコ-ヒーを飲むことができるので、そういった点を意識してということでしょうか。

生産地による味の違いをコーヒーパスポートに記載されている世界地図を見ながら解説していただきます。

生産地によって土壌や扱っている豆の原種が異なるため、風味や味も変わってくるそうです。

コーヒーは、限られた地域でのみ生産されており、赤道近くのコーヒーベルトと呼ばれる地帯でのみ育ちます。

国内でも実はコーヒーベルトにかかっている地域があり、それが小笠原諸島と沖縄県の一部にあるそうです。
そこではコーヒーの摘み取り体験ができる場所もあるようで、国内でそういった体験ができるのは珍しいですし行ってみたいなと仰っていた方もいらっしゃいました。

今回はラテンアメリカ産のコーヒー、アフリカ産のコーヒーを飲んでいきます。

ラテンアメリカのコーヒーは一般的にバランスが取れているのが特徴で、今回飲むのはエルサルバドル産のコーヒー

コーヒー豆や各コーヒーファームについての説明をしていただきました。

まずは、スタバのコアコーヒーと呼ばれる、通常販売しているコーヒーの中からケニアとエチオピアの2種類を飲み比べします。

どちらもアフリカ産のコーヒーです。

人によって味覚は様々ですが、私はケニアの方がすっきりとした感じ、なめらかさがありエチオピアよりも飲みやすく感じました。
エチオピアの方が少し強く口に残りやすいような、だんだんコーヒーの温度が冷めると爽やかさがでてきます。

次にリザーブでしか飲めないコーヒーのテイスティングです。

まずは、コーヒーの情報、酸味や風味などの事前情報を見ずにテイスティングします。

飲み比べをする前に

  1. 挽く前の豆の状態
  2. 挽いた後の状態

で、見た目や香りの比較をしました。

豆のままだとコーヒーっぽい香りはしないのですが挽くと、しっかりとコーヒーの香りがします。

もちろん、コーヒーの種類によって香りが違うので、こっちはこんな香りで、と話をするのも楽しいです。

コーヒーの産地、生育環境やコーヒー農園に関するお話しをしていただいたり、手作りの資料をみせていただいたりと、ただコーヒーを買う・飲むだけでは知ることのできない、1杯のコーヒーが飲めるまでの背景がみえてくると、面白いですね。

他の2種類のコーヒーも同じように豆のサイズや見た目、香りを比較してからテイスティングしていきます。

  • エルサルバドル モンテカルロス エステート
  • ルワンダ ショリー

テイスティングの間にも、様々なコーヒー知識を教えてくださいました。

次にフードペアリング、店頭で売られているピーチとアールグレイの相性がぴったりのケーキカップとコーヒーを一緒にいただきました。

このピーチのケーキカップ、そのまま食べてもピーチの香りと味が口いっぱいに広がりとても美味しいのですが
コーヒーと一緒に口に含むと、それ以上のおいしさに!ピーチとアールグレイがこんなに合うなんて知らなかったので驚きです。
より香りや味が引き立ち、美味しいです。これって自宅で作れないのかなぁって考えながら食べていました。

感想

前回、前々回のセミナーでも、コーヒー産地や農園の話を少ししていただきましたが、ここまで詳しくコーヒーの産地や農園、生産者のお話しは聞くことがありませんでした。
リザーブのセミナーでは、普段聞くことのないようなコーヒーの知識を色々とお話ししていただき
通常のスタバでは飲めないちょっと特別なコーヒーを飲ませていただいて少し特別な2時間だったかなと思います。

さすが「スペシャルコーヒーセミナー」というだけあって、講師の方の知識がすごい。

きっとスタバの店員さんってコーヒー好きな方が多くて、仕事じゃない時も、色々勉強しているんだろうなと思っていましたが
今回の講師の方は、本当に本当にコーヒーが好き!というのか伝わってきました。

コーヒーが育っている環境がどのようなものか、どうして産地ごとに風味が異なるのか、どうしてここの農園で働いているのは女性が多いのか…
コーヒーに関わる色々なことを少し教えて頂いただけですが、1杯のコーヒーができるまでのプロセスはもちろん、各農園のお話しにもとても興味がわいてきました。

普段何気なく飲んでいるコーヒー
コーヒーパスポートに書かれている情報だけではなく、コーヒー豆の生育環境や加工法なども知っていたらもっとコーヒーを飲むことが楽しめるかもしれないですね。

気になるスペシャルセミナーのお土産は?

スペシャルセミナーではどういったお土産がもらえるのか、楽しみにしていました。

リザーブのセミナーでは

  • カフェクロス
  • コーヒー豆 30グラム

がもらえました。

このカフェクロスは全部で4種類、コーヒー豆は以前リザーブで販売していたコロンビアラスマルガリータスでした(コーヒー豆はつい先ほど使い切ってしまいました)
4種類のカフェクロス、全部集めたい気もするのですが、これ以降のリザーブセミナーでもカフェクロスがもらえるのかはわかりません。

個人的には、コーヒー豆やスタバグッズがもらえるのも嬉しいのですが、セミナー受講すると飲んだコーヒーのコーヒーシールがもらえます。
リザーブの場合は、エデュケーションカードというカードとシールがもらえるのですが、通常リザーブのコーヒーは1杯580円~とスタバのドリップコーヒーと比べるとちょっと高いので
エデュケーションカードとシールをもらえるだけでも嬉しいです。
ちなみにこのエデュケーションカード、コレクションしている方も多く、今回のセミナーでご一緒させていただいた方の中には写真アルバムにカードを1枚ずつ入れていた方もいらっしゃいました。
私もシールや、エデュケーションカードを集めたいので…今後はリザーブ通いをしようかと検討中です。

リザーブのスペシャルコーヒーセミナー まとめ

いかがでしたか?

スターバックスリザーブのスペシャルコーヒーセミナーは2時間で4000円と通常のコーヒーセミナーよりもちょっとお高め。

しかし…

  1. コーヒーの味わいとは
  2. コーヒーの風味の違い
  3. スターバックスリザーブの世界
  4. スターバックスリザーブの楽しみ方
  5. スターバックスリザーブの店舗をよりお気軽にご利用いただくために

と全店で販売しているコーヒーの他にリザーブでのみ取り扱っているコーヒー豆の飲み比べや
コーヒー豆について、産地や農園のお話しなど、なかなか他では聞くことができないお話しを聞くことができました。

1杯のコーヒーが出来上がるまで、私たちが飲むまでの間、多くの方が関わり長い時間をかけて大切に育てられてきたコーヒー豆だということを知れば
今までよりも、より丁寧にコーヒーを淹れたり、香りや風味を確かめながら飲むようになりました。

こうしてセミナーで教えて頂くことをきちんとメモをして、自分なりにメモを書き加えたりより深く調べたりして、自分だけのコーヒーノートができれば、楽しいかもと考えています。

美味しいコーヒーを自分で淹れて、それに合うスイーツを作りたい、友達や家族とお家でカフェっぽく、ゆったりとコーヒーを楽しむ時間がほしいなと思っていましたが、スイーツづくりよりもコーヒーに関しての知識を得ることの方が今は楽しくて、スイーツ作りはまだまだ先になりそうです。

以上、【スタバのコーヒーセミナー】リザーブのスペシャルコーヒーセミナー内容とお土産は?でした。

-コーヒーセミナー

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.