各クレカのキャッシング方法

DCカードでキャッシングは簡単でDCカード会員ならすぐに借り入れ1万円単位で借り入れOK

投稿日:

三菱UFJニコスのdcカードのキャッシングは、DCカード会員であれば、利用可能枠内で1万円以上1万円単位で利用することができます。全国の提携金融機関とコンビニATM等で利用できます。

大手銀行やゆうちょ銀行、信用金庫等全国各地の地方銀行からも利用できます。

コンビニは大手のセブンイレブンが展開するセブン銀行AYMから、ローソンやサークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ、その他E-netの銀行ATMから利用可能です。

借入れはもちろん、返済もできますので、店舗にいちいち出向いて手続きする必要がないので、いざという時には大変便利です。

操作方法は、画面の指示に従い簡単なタッチ操作で出来ますので、誰でも簡単にできます。

もちろん、カード作成時に審査がきちんとありますそ、UFJグループという大手が運営していることもありますので安心です。返済方法をよく考えた上で、自分の利用可能な範囲で計画的に利用すれば良いでしょう。

dcカードでキャッシング枠はどのくらいある?

dcカードのキャッシング枠は、契約年数やそれまでの利用履歴などにより契約者ごとに異なりますが、概ね5万円から50万円程度となります。

契約当初は利用可能枠が少なかったとしても、利用した際の支払いが滞り無く行われていれば、カード会社の判断により利用可能枠が徐々に上がります。

利用可能枠は、毎月郵送されてくる利用明細書に明記されているほか、DC Webサービスにログインすることで確認することが可能です。

増額の申請をする場合は、カード会社に直接連絡し資料を請求します。

申込書が郵送されてくるため、内容を確認したうえで必要事項を記載し提出しますが、収入証明書や本人確認書類の提出を求められることがあります。

申請すれば必ず増枠されるわけではなく、審査の結果によって増額を断られることもあります。

学生であっても、定期的な収入があれば5万円まで増額の申請が可能です。但し、未成年者の場合は親権者の同意書が必要となります。

dcカードのキャッシングの限度額増額するには?

dcカードのキャッシング限度額を増額は「ご利用可能枠の設定・増額申込書」で行います。

まずは申込書を入手するため、お手持ちのカードの裏面に記載されている電話番号にカード名義人本人から連絡し、キャッシング増額申込書を請求します。

資料は受付後約1週間程度で郵送されてきますので、増額申込書に必要事項を記入の上、求めに応じて本人確認書類や最新の収入証明書等必要な書類一式を返送します。

後日審査結果が郵送されてきますが、審査におよそ2、3週間かかります。年末年始等大型連休をはさむとさらに日数がかかることがあるので、必要を感じたら早めに申し込むようにしましょう。

注意事項として、審査ではこれまでの利用実績や延滞がないこと、収入額などが考慮され、優良会員でないと判断されれば増額を断られるケースもあります。

住所や電話番号や勤務先など変更があった場合は資料請求前にWEBサービスで変更しておくと手続きがスムーズです。

dcカードでキャッシングできない時ってどんな時?

dcカードでキャッシングできない時に考えられる原因は5つあります。

まず、申込みをしてない場合です。dcカードのキャッシング・カードローンを利用するには、申込みして審査を通過する必要があります。

今まで利用していたのに突然利用できなくなった場合は、利用限度額に達している可能性があります。

1度利用額を確認してみましょう。その場合返済して利用限度額に余裕ができたら、また使えるようになります。

他にも利用が停止されてる可能性もあります。

dcカードの返済に遅れると、各機能の利用ができなくなります。返済に遅れると遅延損害金を支払う必要がありますので、当月の返済分と遅延損害金を支払えば、停止が解除され利用できるようになります。

他社の借入が多すぎる場合にも利用できません。クレジットカードは総量規制の対象になっているので、年収の3分の1を超える額は借入できないのです。

最後に磁気不良による読み取りエラーです。カードに汚れが付着していたり、摩擦によって傷ができていたり、ICチップそのものが破損している場合もあります。そんな時は再発行すれば、また利用できます。

dcカードのキャッシングの返済方法にはどのような方法がある?

dcカードのキャッシング返済方法は、支払口座からの自動引落し、使用分の事前振り込みの2種類があり、全て1回払いとなっています。カードローンの場合は、毎月一定額が引き落とされるほか、ATMからの繰り上げ返済が可能です。

キャッシング利用分については、通常は毎月15日までに利用した分が、翌月の10日に支払口座から自動的に一括で引き落とされます。

引き落とし日よりも前に返済したい場合は、カード会社へ連絡して指定の口座番号と利息分を含めた正確な金額を確認し、口座へ振り込みます。振込手数料が必要な金融機関を利用する場合は、手数料を負担する必要があります。

カードローンの場合は、毎月10日に利用分に応じた金額が自動で引き落とされます。引き落とされる金額は、融資利率と利用可能枠によって異なりますが、1万円かもしくは2万円となっています。

このほか、提携銀行やコンビニエンスストアに設置されているATMやキャッシュディスペンサーから繰り上げ返済することが可能です。

-各クレカのキャッシング方法

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.