電力自由化

【北陸電力エリア】電力自由化で選べる新電力会社と料金比較

投稿日:

2016年4月から始まった電力自由化。
既に1年以上経過していますが、あなたは北陸電力から他社へ乗り換えましたか?

ご自身で料金比較をしている方もいらっしゃると思いますが、自分のライフスタイルに合った電力会社を探すのって難しいですよね。

色々比較するのが面倒に思う方も少なくはありませんし、「ここが安い!おすすめ!」という電力会社にしてもご利用条件によっては北陸電力のままの方が安いこともあります。

そこで今回は以下の北陸電力の対象地域にお住まいの方に、モデルケースの電気料金を紹介すると共に、新電力会社について詳しく解説していきます。

北陸電力の対象地域は

  • 首都圏
  • 富山県 全域
  • 石川県 全域
  • 福井県 嶺北地方および敦賀市
  • 岐阜県 飛騨市(旧神岡町全域、旧宮川村の一部のみ)および郡上市(旧白鳥町石徹白地区のみ)

モデルケース別で、新電力会社各社の電気料金一覧を記載!

あなたのご家庭の電力使用料を参考に、どこの電力会社に乗り換えると安くなるのか、それとも北陸電力のままの方が安いのか、比較することができます!

お手元に電気料金の検針票をご用意の上、ご覧くださいね。

電力自由化で北陸電力よりもお得になる新電力会社とは

電力自由化で新電力会社に乗り換えると電気料金が安くなる!と思う方も多いと思いますが実は乗り換えた皆さんが必ずお得になるというわけではありません。

もしかすると乗り換えないままの方が安いことも…。

これからご紹介するのは以下のモデルケースの場合の新電力会社料金比較表です。
あなたのご家庭はモデルケースのいずれかに当てはまりますか?一番近いモデルケースを参考にご覧ください。

  • 単身世帯:契約アンペア数は20A、毎月150kWh程度利用
  • 4人家族(賃貸住宅):契約アンペア数は30A、毎月200kWh程度利用
  • 大家族(戸建住宅):契約アンペア数は60A、毎月250kWh程度利用

モデルケースを例に試算の結果安かった上位5社の基本料金と従量料金を比較したものです。

※燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金を含めずに試算しています。

単身世帯におすすめは「北陸電力」

では最初に単身世帯(モデルケース20A/150kWh)におすすめの電力会社がこちら!

企業名

基本料金

電力量料金

合計金額

北陸電力

475.2円

2763.3円

3238.5円

ミツウロコ

475.2円

2822.4円

3297.6円

ループでんき

0円

3900円

3900円

auでんき

561.6円

3120.9円

3682.5

上記4社の中では、若干基本料金が異なりますが…

≪毎月の電力量が150kWh程度の場合≫

北陸電力は年間で38862円(3238.5円×12か月)

北陸電力の次に安いミツウロコに変えた場合は年間39571.2円(3297.6円×12か月)

上記の結果から電力量が150kWh前後の方は北陸電力から乗り換えず、そのまま利用していた方が安いです。

※試算の結果では北陸電力が安くなりましたが、他社でもセット割りがありますのでご家庭のご利用状況によっては北陸電力以外で契約する方が安くなる場合もあります。

4人家族におすすめは「ハルエネでんき」

次に4人家族(賃貸住宅(モデルケース30A/200kWh)におすすめの電力会社がこちら!

企業名

基本料金

電力量料金

合計金額

北陸電力

712.8円

3800.8円

4513.6円

ミツウロコ

712.8円

3822.4円

4535.2円

ループでんき

0円

5200円

5200円

ハルエネでんき

641.52円

3808.8円

4450.32円

auでんき

842.4円

4420.4円

5262.8円

HTBエナジー

800.28円

4184.8円

4985.08円


上記6社の中では、ハルエネでんきがおすすめ!その理由は…

≪毎月の電力量が200kWh程度の場合≫

北陸電力は年間で54163.2円(4513.6円×12か月)

ハルエネでんきに変えた場合は年間53403.84円(4450.32円×12か月)

上記の結果から北陸電力よりハルエネでんきに変えた方が年間約759円安くなります。

※試算の結果ではハルエネでんきが安くなりましたが、他社でもセット割りがありますのでご家庭のご利用状況によってはハルエネでんき以外で契約する方が安くなる場合もあります。

大家族にもおすすめの「ハルエネでんき」

最後に大家族(モデルケース60A/250kWh)におすすめの電力会社がこちら!

企業名

基本料金

電力量料金

合計金額

北陸電力

1425.6円

4865.3円

6290.9円

ミツウロコ

1425.6円

4822.4円

6248円

ループでんき

0円

6500円

6500円

ハルエネでんき

1283.04円

4875.3円

6158.34円

auでんき

1684.8円

5719.9円

7404.7円

HTBエナジー

1600.56円

5415.8円

7016.36円


上記6社の中では、若干基本料金が異なりますが…

≪毎月の電力量が250kWh程度の場合≫

北陸電力は年間で75490.8円(6290.9円×12か月)

ハルエネでんきに変えた場合は年間73900.08円(6158.34円×12か月)

上記の結果から北陸電力よりハルエネでんきに変えた方が年間約1590円安くなります。

※試算の結果ではハルエネでんきが安くなりましたが、他社でもセット割りがありますのでご家庭のご利用状況によってはハルエネでんき以外で契約する方が安くなる場合もあります。

電力自由化とは

様々なサイトでも紹介されていますが、簡単に電力自由化についてご紹介させて頂きます。
今までは決められた電力会社、関東エリアでいうと東京電力のみと契約となっており、電気料金が高いとお悩みの方もいらっしゃったことでしょう。
しかし2016年4月から、生活スタイルなどに合わせお好みの電力会社と契約することができるようになったのが、電力自由化というもので、従来の電力会社と比べると電気料金が安くなる方が多くなっています。

スマホやガスとセットで割引になるなど様々なプランがありますので、まずは気になる電力会社で見積もりをしてみるのも良いですね。

電力自由化についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
>>【年間2万以上の節約に?】電力自由化とは|新電力に乗り換えるメリットとデメリット

北陸電力よりもお得になる?新電力会社はどんな会社?

ではここで、北陸電力エリアで電気提供を行っている新電力会社、5社について詳しくご紹介していきます。

  • ループでんき
  • ミツウロコ
  • auでんき
  • HTBエナジー
  • ハルエネでんき

それぞれどういった特徴があるのでしょうか。

ループでんき

ループでんきは2011年の東日本大震災をきっかけに設立、電力供給エリアは広く、太陽光や風力、水力の自然エネルギーをメインにしたエネルギー企業です。
2015年から法人向け、2016年からは家庭用の電力販売を開始しています。
また2017年4月から太陽光発電の売電とセットでおトクになる「Looop でんき+(プラス)」が新たに開始され、太陽光発電設備がああるご家庭もお得に利用できるようになりました。

  • 再生可能エネルギーで発電された「FIT電気」の比率が高い
  • 基本料金が0円でシンプルな料金体系がわかりやすい
  • 契約解除料や加入条件なし

≪こんな方におすすめです!≫

  • シンプルでわかりやすい料金体系の方が良いという方
  • 太陽光発電設備を利用中・検討している方
  • 自然エネルギーを利用したいと考えていた方

詳しくは公式サイトをご覧ください
>>ループでんき

ミツウロコ

ミツウロコの電気は電源構成に再生可能エネルギー(FIT電気)が含まれているのが特徴。
全体の2割程度がFITバイオマス・太陽光・水力で構成されています。
太陽光・風力発電所を所有しており、法人向けに電力供給の実績も。

電力量料金の2・3段料金の安さが特徴のプランで、2017年8月からは使用料の少ない家庭向けのプランも始まりました。

  • 電源構成に再生可能エネルギーで発電された「FIT電気」が含まれている
  • 自社で太陽光・風力発電所を所有
  • 地域ごとに4種類の電気料金プランが用意されている

≪こんな方におすすめです!≫

  • 電気使用量が少ない人向けのプランを探していた方
  • 自然エネルギーを利用したいと考えていた方

詳しくは公式サイトをご覧ください
>>ミツウロコでんき

auでんき


通信会社大手のKDDIが販売しているauでんきは供給エリアが広い!沖縄電力エリアを除くほぼ全国で電力供給を行っています。
auのスマホ・携帯電話をご利用中の方でしたらお申込みが可能、電気代に応じてau WALLETへキャッシュバックされるプランも魅力的!
また、電気使用量の確認などがアプリで確認することができるのも便利です。

  • auユーザー向けのサービス
  • 「auでんき」とのセット割りがある
  • 利用金額に応じてau WALLETプリペイドカードへキャッシュバック

≪こんな方におすすめです!≫

  • auユーザーの方
  • 少しでも電気料金を安くしたい方

詳しくは公式サイトをご覧ください
>>auでんき

HTBエナジー


長崎のハウステンボスから2015年に生まれたエネルギー会社。
家庭向けだけではなく、官公庁やテーマパークなどの法人への電力供給実績もあり、旅行代理店で有名な「H.I.S.」も代理店としてHTBエナジーの電気を販売しています。

  • 従来の電力会社よりも5%安くなる料金設定
  • 無料時間帯がある新プランが話題
  • 現在九州エリアのみオール電化住宅対応プランあり
  • 不明点は公式サイトからチャットで相談できる

≪こんな方におすすめです!≫

  • 九州エリアにお住まいのオール電化住宅の方
  • 夜間に電気を多く使うご家庭の方

詳しくは公式サイトをご覧ください
>>HTBエナジー

ハルエネでんき


沖縄エリア以外のほぼ全国で電力供給しているハルエネでんきには個人向けプランと法人向けプランがあります。
契約時、初回事務手数料3,780円(税込)がかかりますが、「ハルエネファミリープラン」の料金単価は10電力会社よりも割安に設定!(3年契約が条件です)
3年自動更新で契約している場合、更新月以外に解約すると3,780円(税込)がかかりますが他社より比較的安い料金設定なのが魅力です。

  • 契約時・解約時に手数料や違約金がかかる
  • 料金単価が10電力会社よりも割安設定

≪こんな方におすすめです!≫

  • 少しでも電気料金を安くしたい方

詳しくは公式サイトをご覧ください
>>ハルエネでんき

電力自由化で中部電力よりもお得になる新電力会社のまとめ

いかがでしたか?

今回は、北陸電力エリアの方へ

  • 単身世帯(20A/150kWh)
  • 賃貸住宅にお住まいの4人家族(30A/200kWh)
  • 戸建て住宅にお住まいの大家族(60A/250kWh)

上記3つのモデルケースの場合北陸電力から新電力会社に乗り換えるとどれくらい電気料金が安くなるのか、モデルケースを例に電気料金を比較しました。

その結果

単身世帯

(20A/150kWh)

東京電力から他社に乗り換えずにそのまま利用していた方が安くなることになります。

4人家族(賃貸住宅)

(50A/200kWh)

北陸電力からハルエネでんきに乗り換えると
月額63.28円、年間759.36円安くなります。

大家族(戸建て住宅)

(60A/250kWh)

北陸電力からハルエネでんきに乗り換えると
月額132.56円、年間1590.72円安くなります。

となりました。

今回は3つのモデルケースを例に電気料金を計算し、このような結果となりましたが、ご家族の人数やセット割りにできるものなどにより、乗り換えると一番安くなる電力会社は変わってきますのでいくつかの電力会社で乗り換えた場合の電気料金を調べてみましょう。

以下のサイトでも簡単に新電力企業の電気料金プランが比較できますのでお試しください!

>>価格.com 電気料金比較

以上、【北陸電力エリア】電力自由化で選べる新電力会社と料金比較でした。

-電力自由化

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.