カードローンの増額

京都銀行のカードローンを増額する申請方法と限度額を知っておくと便利

投稿日:

京都銀行のカードローンは、借入限度額が最大500万円、お申込み時の年収などにより以下の限度額が設定されます。

  • 30万円
  • 50万円
  • 100万円
  • 300万円
  • 500万円

担保・保証人は不要です。

入会費、年会費、発行手数料はかりません。

限度額の範囲内なら、何度でもご利用可能です。

借入限度額30万円と50万円の場合は、収入証明書の提出は不要です。

借り入れ限度額の増額方法

借入限度額を増額する方法について知りたい方もいらっしゃるでしょうから、申請方法を説明します。

まず、借入限度額50万円以上の申し込みをされる方は、勤続年数1年以上の給与所得者(正社員)に限ります。

前年の収入の条件

前年度の収入によって限度額が決まっています。
ご自身の年収と希望する限度額をみてみましょう。


希望の借入限度額 前年度の年収
50万円 200万円
100万円 300万円
300万円 500万円
500万円 700万円

事前に用意しておくもの

そして、次のようなものを準備していただきます。

  • 運転免許証かパスポートか健康保険証(身分証明書)
  • 借入限度額100万円以上を申し込む場合は収入証明書
  • 源泉徴収票の写しか公的収入証明書の原本(住民税決定通知書など)
  • 返済用普通預金口座のお届け印
  • 外国人の方は、在留資格が記載された住民票の写し

申し込みは、インターネットやスマホから、仮審査申し込みができます。

京都銀行カードローンの増額増枠はネットから申し込めますが収入証明が必要で在籍確認の電話もあります

京都銀行に預金口座が公共料金などの引き落としにも利用していたので、馴染みが深い銀行です。

ですので急な出費のときなどに便利かなと思い、カードローンも申し込みをしました。

京都銀行のカードローンは他の消費者金融や銀行と比べて金利が低めなのも魅力でした。

即日融資はないので審査にやや時間はかかりましたが、無事に審査に通り、カードローンを利用することができました。

その後はコンスタントに利用しています。

もちろんきちんと期日を守り返済を続けています。

引き落とし口座にお金が足りない時自動的に融資してくれますのでそれも便利でした。

それでもう少し限度額を増やしたいと考えて増額増枠の申し込みをしました。

ネットからでも申し込めましたので便利でした。

収入証明が必要でしたし、再度職場に在籍確認の電話がかかってきましたが、特に問題なく審査を行ってもらえました。

その結果希望通り増額してもらうことができました。

我が家は教育費や冠婚葬祭など、さらに介護などこれからいろいろとますますお金がかかってくることが予想されます。

審査には時間がかかると聞いていましたので余裕のある時に前もって増額の申請をしておきました。

これで安心して生活していくことができます。

京都銀行のカードローン審査と増額のコツ

貸金業の世界は大きな変革を迎えつつあります。

一昔前までは闇金業者もたくさん存在し、バブルの時代はお金が溢れるほどありましたので、いくらでも高金利で貸付ができていました。

規制も甘く、法外な手段で返済を迫る業者もありました。

しかし、現在は利子に関しても取り立てにおいても、厳しい規制が設けられ、然るべき手続きを踏んでいなければ貸金業は成り立たなくなっています。

また、その規制に目をつけた弁護士事務所が、違法な貸付の過払い金請求にビジネス制を見出して、利益をあげています。

このように、貸金業はしっかりとした取締が行われるようになりました。

一見、良いことのように思いますが、借りる側にとってはその分、審査がかなり厳しくなっているという点があります。

一度に多くのお金を借りることが出来ず、少額を別の金融機関を渡り歩いて借りるという人も少なくありません。

そこでおすすめなのが、銀行系のカードローンです。

京都銀行の発行するカードローンは、最初の審査は厳しいですが、きちんとした返済能力を示すことができれば増額も可能となっています。

規制が厳しいということは、裏を返せばきちんとした取引を行っていればその分信頼性も高まって、増額も期待できるというわけです。

京都銀行カードローンを利用した体験と借入限度額枠の増額

以前に私は生活費に困ったことがあり、京都銀行カードローンを利用したことがあります。

そのときには30万円のコースを利用しました。

そして、なんとか節約しながら30万円を返済しました。

30万円ぐらい簡単に返すことができるだろう、と甘く考えていたのですが利息分の返済もプラスされ、予想以上に苦労したことを覚えています。

京都銀行カードローンの借入限度額は、借り手の信用力や経済力をベースにして決められます。

頻繁に京都銀行カードローンを利用していて期日通りに返済している場合や、申し込み時より収入がアップした場合には、借入限度額枠の増額に対応してもらえるようになります。

本来であれば、500万円が上限になりますが、十分な信用力があると判断されれば、500万円を超える融資を受けることも可能です。

あまり借金はしたくないのですが、もしも、また生活費に困るような事態になれば、30万円か50万円のコースを利用し、その借金をしっかりと返済し、信用力を上げたいと考えています。

そうすれば500万円を超える融資を受けられるようになりますが、その融資を受けなくても済むように日頃から頑張っておかなければならないと感じています。

将来的に事業資金が必要となった場合には、信用力を上げておくことで多額の融資を受けられますので、信用力を上げておくことは無駄ではないとも考えています。

参考:京都銀行カードローン公式サイトはこちら

-カードローンの増額

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.