マネーコラム

武蔵野銀行カードローンでお金借りるときのローンの種類とは?

投稿日:

お金を借りる時に、消費者金融と銀行があると思いますが、武蔵野銀行での借り入れはおすすめです。

あなたにピッタリな銀行借入の方法を考えてみましょう。

自分のお金を預けて引き出したり、給与などの振込先として使ったり、公共料金等の引き落とし口座に利用することがイメージされますが、それ以外にも個人がお金を借入する時にも使ったりすることが可能となります。

それに、武蔵野銀行が提供している借入方法は1つではないので、自分にあったサービスを選ぶことができるのです。

武蔵野銀行が提供するカードローンの種類

武蔵野銀行が提供しているカードローンは、『カードローン むさしのスマートネクスト』『むさしのカードローン「シグナス」』の2種類があります。

それぞれにはどのような特徴があり、どのように違うのでしょうか。

2つのカードローンの特性を知り、自分に合ったものを選びましょう。

カードローン むさしのスマートネクスト

カードローン むさしのスマートネクスト

 

申込み資格 満20歳以上満65歳以下
本人または配偶者安定継続した収入がある※専業主婦・パート・アルバイト可
保証会社エム・ユー信用保証(株)の保証が得られる
武蔵野銀行営業エリア及び東京都内に自宅か勤務先がある
申込み方法 インターネット
電話
FAX
郵送
金利 年6.0~14.8%
借入限度額 30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円(※専業主婦は30万円
返済方法 毎月7日に利用限度額に応じて定額返済

利用限度額 返済額
30万円・50万円 1万円
70万円・100万円 2万円
150万円・200万円 3万円
250万円・300万円 4万円

・武蔵野銀行ATMにて随時返済

むさしのカードローン「シグナス」

申込み資格 満20歳以上満60歳以下
前年の税込年収が300万円以上で、継続安定した収入がある
勤続・営業年数3年以上会社員、公務員、公的資格者
※公的資格者:弁護士、弁理士、司法書士、公認会計士、税理士、不動産鑑定士、医師、歯科医師
武蔵野銀行営業エリア及び東京都内に自宅か勤務先がある
申込み方法 インターネット
FAX
郵送
金利 年5.0~10.0%
借入限度額 100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、400万円、500万円
返済方法 毎月7日に借入残高に応じて武蔵野銀行普通預金口座から自動引落し

借入残高 返済額
1万円未満 借入金額全額
1万円~50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超 6万円

・武蔵野銀行ATMやコンビニATMにて任意返済

カードローン むさしのスマートネクストとむさしのカードローン「シグナス」の違い

申込み資格

2つのカードローンには、申込み資格に大きな違いがあります。

カードローン むさしのスマートネクスト

  • 専業主婦やパート、アルバイトも契約可能

むさしのカードローン「シグナス」

  • 前年税込年収300万円以上で継続安定した収入がある
  • 勤続・営業年数3年以上の会社員、公務員、公的資格者

専業主婦などでも利用できるスマートネクストに比べ、シグナスは申込み資格が厳しく設定されており、誰でも利用できるというわけではありません。

利用限度額

カードローン むさしのスマートネクスト

  • 30万~300万円

むさしのカードローン「シグナス」

  • 100万~500万

スマートネクストは利用限度額が30万~300万円までなのに対し、シグナスは100万~500万円と大口の融資が可能となっています。

金利

カードローン むさしのスマートネクスト

  • 年6.0~14.8%

むさしのカードローン「シグナス」

  • 年5.0~10.0%

申込み資格の設定が厳しい分シグナスのほうが低金利になっており、また、スマートネクストは固定金利ですがシグナスは変動金利という違いもあります。

まとめ

誰でも利用しやすい内容となっているのは『カードローン むさしのスマートネクスト』ですが、低金利で大きな金額を借りたい場合は『むさしのカードローン「シグナス」』が適しています。

どちらを利用するにしても、借入は計画的に行わなければなりません。

参考サイト:武蔵野銀行公式サイト

-マネーコラム

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.