カードローンの増額

プロミス増額や増枠をする時にこれだけは知っておくべき大切なこと

投稿日:2016年12月11日 更新日:

プロミスの増額をしているところ

 

プロミスの限度額がいっぱいになってしまいましたか?

限度額の増額申請は簡単です。

会員サイトから申し込みするか、電話でも受け付けています。

だけど、審査に数日かかったり、契約してから半年経たないと増額が難しいです。

もし、あなたが「いますぐお金が必要だ!」、「今日、お金が少し足りないだけ」であれば、便利で簡単な方法があります。

それはアコムから、足りない分だけ借入するということです。

プロミスの限度額がいっぱいであるなら、アコムから足りない分を借入することをオススメします。

いまのオススメはアコムです。

なぜならば、

  1. 50万円以下なら運転免許のみでOK
  2. ※1

  3. 今日中に指定口座に入金も可能(即日融資対応
  4. はじめての方なら最大30日間、金利0円

※1 収入証明書による年収確認が必要なケース
・アコムの利用限度額が50万円を超える場合
・アコムの利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
・既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

いますぐ借りることができて、さらにはじめての方なら金利0円の期間があります。

つまり、これだけは知っておいてください。

次の給料日に返済(期間内に)することで、リスクなく借入も可能ということです。

プロミスで増額しようかな?
申請ってどうするのかな?
数日かかっちゃうのかな?

こんなこと悩んでいる場合があったら、アコムから借りちゃったほうが早いです。

金利0円の期間があるので、損することなく借りることもできるのが1番のメリットですね。

まずは、すぐに借入できるか3秒でわかる「借入診断」が公式サイトにありますので、確認してみましょう。

足りない分だけ少し借りる時のオススメはアコム

 

アコム

アコムならはじめての方に限り最大30日金利0円!

24時間・365日の借入OK!ネットからのWEB契約であれば来店不要です。

審査回答は最短30分で、最短1時間でお客様の口座にご融資が可能です。

>>アコムの公式サイトはこちら

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード

3.0~18.0%

800万円

最短30分

最短1時間

日頃からプロミスのカードローンで生活費の不足を補ってきました。これ一枚あれば、どんなに緊急の支払いが飛び込んできてもサッとコンビニに寄るだけでお金を捻出することが出来るのでとても簡単です。

しかしそんな中で更なる出費のタイミングが巡ってきました。それはたまたま家族みんなが休みを取れる日取りで、せっかくなので近場のレジャーランドにでも泊まりがけて遊びにいこうということになったのです。

子供達と奥さんの笑顔を見たいがためにそんな提案をしたものの、しかしカードローンはすでに限度額近くまで借り入れをしているのでこれ以上の融資は見込めません。

どうにかして打開策はないものかと考えた末に、ダメ元でプロミスに借り入れの増額を申し込みしてみようという気持ちが出てきました。

さっそく電話で相談してみると、増額するには増枠申請を行わなければならないとのこと。

その上でまた最初の審査と同じく厳重なチェックを受けた上で基準に見合ったと判断された場合のみ増枠を許可されるとのこと。

そこでもう一度、年収証明書などを用意した上で申し込みを行ってみることに。

すると収入の増額と、プロミスで借り始めて1年ほど経過している中で培った信用度によるものか、割とすんなりと増枠を認めてもらえました。

その許可が下りた時点で近所のコンビニから再度レジャーで必要なお金を借り入れ、それを持参して出掛けました。休みをたっぷり満喫できてよかったです。

プロミスの増額審査は受けるべき?

プロミスのお問い合わせ内容には、増額したいという話が多いのです。

昔の消費者金融と同じ感覚で利用している方は、目的に希望額を借りることができず不満に感じているかもしれません。

10年前、20年前の消費者金融といえば、1社から100万円以上の借入は当たり前でした。今は年収の3分の1までしか借りることはできませんが、当時は年収の半分以上は当たり前で、年収以上の金額を借りている方までいました。

当時の消費者金融を知っている方からすれば、プロミスの融資額は少ないと感じるかもしれません。プロミスの限度額は500万円です。

この金額は決して少なくはありませんが、総量規制による貸付制限がありますので、実際の借入上限は年収の3分の1以内となります。

プロミスの増額審査を受けたい方は、借入額と総量規制の関係を知る必要があります。

総量規制とは他社の借入も含めるため、プロミスと他社のキャッシング総額が年収の3分の1超に達していれば、審査を受けても通過することはありません。

自身の年収を3で割ってみて、その金額と同額のローンを抱えている場合は、追加融資は受けられないのです。このようなケースで増額するためには、収入を増やす以外にはありません。

プロミスでの利用限度額増額申請方法

プロミスでの利用限度額増額申請方法カードローンを利用していて、限度額を増額して欲しいと思うようなタイミングがあるかもしれません。突然の結婚式や引っ越しをすることになったり、お金が必要になるシーンはさまざまあります。

プロミスですでにカードローンを利用している場合、総量規制の対象内であれば増額を認めてもらうことが可能です。

増額申請方法は簡単で、コールセンターに連絡することで利用状況等を確認してもらい、審査に通れば増額してもらえます。

プロミスは消費者金融なので一般のカードは総量規制対象ですが、自営者ローンについては対象外となっています。

基本的に50万円以上の限度額になる場合は収入証明書の提出が必要になります。

この書類を提出しないと年収がいくらあるか把握できず、総量規制に沿った限度額を設定することができないためです。

電話以外にもWeb上から行う申請方法もありますが、結果的に電話でのやり取りが必要になるため、すぐに利用したい場合はコールセンターに直接連絡するのが一番早いです。

コールセンターは24時間営業ではないため、日中に電話をする必要があります。

審査はすぐに完了するので、申込みから増額までは1時間もあれば完了します。

利用状況によっては審査に通らないこともあるので、支払いは必ず期日を守った利用をすることが大切です。

プロミスの増額で限度額500万円まで借りられる?

プロミスで借入できる最高額は500万円ですが、誰でもこの金額を借りられるわけではありません。

消費者金融のプロミスは、融資額を年収の3分の1までとしています。

今やプロミスは銀行系の金融機関ですが、ジャンルは消費者金融に属しています。銀行のローンではなく、大手消費者金融としての貸付になります。

プロミスで増額を受ける場合、限度額は個別に設定されます。現在の返済能力から判断し、追加融資可能だとプロミス側が判断すれば増額してくれます。

増額の際にも審査があるので、確実に追加で借りられるわけではありません。

限度額を増額したい場合は、限度額変更申込、またはプロミスコールを利用します。必ず増額できるわけではなく、現在の取引状況に問題がないことが条件となります。現在の利用額が少ないとしても、過去に延滞をしているなら注意が必要です。

返済の遅延は最も信用を落としてしまう行為なのです。将来的に増額を希望しているなら、遅延はたった1回でもしてはいけません。

1日くらい遅れても問題ないと思うかもしれませんが、たった1日でも事故情報として登録されてしまうのです。

繰り返し遅れるようならば、将来的に限度額を増枠してもらうのは困難です。

プロミスの増額申請手続き方法について

プロミスの増額申請手続き方法について

プロミスは増額申請をする場合は、プロミスに直接電話をするか、プロミスの会員ページにログインに増額申請手続きに申し込む必要があります。

お金が必要になり、プロミスの限度額をすべてつかってしまったという人におすすめな増額方法になります。

審査を行って数日でプロミスから返答があるでしょう。増額が可能になった場合は、ATMや振り込みを利用してキャッシングしてください。

ただしプロミスから50万円以上、または他の消費者金融や信販会社から借りている額は100万円以上になる場合は、収入証明証が必要になります。

源泉徴収票、確定申告書、そして給与明細のどれか一つを用意しなければなりません。

該当する方は、それらを用意してからプロミスに申し込むと良いでしょう。

アプリやスマートフォン等のカメラを利用して、提出することができますので、用意しておくとスムーズに審査が進むでしょう。

増額申請の手続きというのは、そう何度もするものではありません。

本当に必要になった時にこそ手続きをするものです。そう何度も申込むことがあれば、貸金業者側の印象も悪くなります。

そうなるとカード利用停止処分になることがありますので、気を付けて申し込んでください。

関連ページ
アイフル増額の審査と増枠・限度額、申請申し込み時に知らないと損すること

-カードローンの増額

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.