カードローン審査関係

親和銀行カードローンでお金借りる申し込みをした際の審査

投稿日:2016年11月10日 更新日:

長崎でも大手の金融機関である親和銀行ではカードローンの申し込みをするとお金借りる事が可能になります。

親和銀行に申し込みをすると親和銀行の受付担当から信用情報登録機関に対して信用情報照会の依頼をします。

そのことを通じてCICなどの信用情報登録機関は親和銀行に対してありのままの信用情報を提供します。

親和銀行から依頼があったらインターネットを通じてすぐに提供します。これらの信用情報には過去のクレジットカードなどの支払い履歴や消費者金融の支払い履歴などからクレジットカードや消費者金融などの申し込み履歴が記載されています。

親和銀行はこれらの信用情報を確認していき、特に記載がなかったり記載があった場合でも通常支払いの記載しかない場合には次の審査に移ります。

しかしこれらの信用情報の中に未払金があったなどの支払いの遅延や自己破産などの情報がある場合には親和銀行は融資を見送る傾向が非常に強くなります。

クレジットカードやカードローンの申し込み履歴に関する情報も含まれており、連続申し込みが確認できた場合には融資が難しくなる場合があります。その場合には信用情報登録機関からこのような信用情報が消えるまで待つ必要があります。

新しくなった親和銀行の2種類のカードローンとフリーローンの違いを知って便利に利用しています

親和銀行さんの地元に住んでいて、常日頃から店舗には出入りしていたので、もしカードローンを利用するなら親和銀行でと決めていました。

銀行のホームページもちょくちょく見ていたのですが、カードローンとフリーローンがリニューアルされて新しくなったことを知り、いざという時のためにと、申し込んでおくことにしました。

ローンの種類そのものはかなりの数がありますが、教育ローンのように使い道が決まっているものもありますので、それらを除いて、自由に使えるローンというと、カードローンかフリーローンの2つになりました。

借入れ金額の上限や金利などに違いはあるのですが、返済方法が選べて、限度額が1,000万まであるカードローンの方にしました。

申し込んでから数ヵ月後に、車検の費用や家の急な雨漏りの修理などで、まとまった金額が必要になって、お金が足りなくなったのすが、すでに審査にも通っていたので、すぐに借りられて、本当に良かったと思います。

カードも発行してもらったので、出張した時や、家族で旅行に行った時など、急に出先でお金が必要になった時でも、コンビニのATMからすぐにキャッシングできて、とても助かっています。また、直接返済型を選んだので、お金がたまった時に、いつでも好きなタイミングで返済できるので、それも便利です。

親和銀行のカードローン増額申請をネットや電話で行う

親和銀行のカードローン増額申請をネットや電話で行う事で、親和銀行としても与信審査を再度行う事となります。

借入限度額の範囲での利用はいつでも対応出来ますが、その金額の増額申請となればやはり収入に応じて、生活に支障の無い状況で借り入れを行う事が求められます。

返済の滞りとなるとかなり問題も多くなる為、親和銀行を含めてカードローンを取り扱う金融業者にとっては、勿論増額申請依頼を受ける中でどの位借入を認めるのか知らせる事が重要です。

ネットや電話での取引を考えて行く事からも、やはりカードローン業者として借入を行う人が手軽にネットや電話での連絡により増額を依頼する事で対応もスムーズに行えます。

カードローンを利用する流れとしても、親和銀行などではスムーズな返済を行う上で、口座から引き落としをするなど返済計画をキッチリと立てながら行う事も必要となります。

そこを踏まえて、カードローンの借入に関する増額申請も色々と親和銀行から対応する流れとして、十分な処理対応を行いながら円滑な活用を行う事が出来ます。消費者にとっての増額申請は、かなりお金に困っている状況も含まれる為、審査に関してはかなりシビアに行われる様です。

親和銀行の「空き家解体ローン」とは?勧められて利用しました

親和銀行付近のビル群
実家で一人暮らしをしていた母親が亡くなり、あとに一軒家が残されました。私が相続したのですが、かなり年期が入っていて、とてもそのまま住めるレベルではありませんでした。

かといって、建て替えして私達が新しく住む予定もなく、そのまま放置しておくと、ご近所のお宅にも迷惑がかかるかと思い、主人とも相談して、思い切って家を解体してから、土地を売ることにしました。

しかし、解体をしてくれる業者に聞いてみてところ、一軒家の解体にはかなりの金額がかかることがわかり、呆然としてしまいました。困ってしまって、カードローンでも申し込むしかないかなと考えて、いつもお世話になっている親和銀行さんに相談に行ってみたところ、「空き家解体ローン」を教えてもらいました。

空き家解体ローンとは、まさに私達のように空き家の解体費用に困っている人のためのローンです。最高で300万円まで融資してもらえまて、所得証明書も不要だということでした。

住宅ローンはどこの金融機関でも取り扱っていますが、今は、逆に解体のためのローンもあるんだと正直びっくりしました。主人と相談して、結局主人の名前で空き家解体ローンに申し込んで、融資してもらえることになりました。おかげで無事解体も済んで、気持ちが楽になりました。

参考サイト:親和銀行公式サイト

関連記事

-カードローン審査関係

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.