カードローンの増額

新生銀行カードローンで増額申請をする方法と承認のコツ

投稿日:

新生銀行カードローンを利用していれば、総量規制対象外の環境で借り入れをすることが可能です。

総量規制対象のカードローンであれば、年収によって借入れ上限金額が制限されてしまう状況になりますが、総量規制対象外のカードローンであれば状況次第では明確な上限の無い状態で借り入れをすることが出来ます。

とは言え、初期契約段階で高額な上限金額が設定される状況は少なく、その多くは「利用を継続して信用を高めることで『増額』する」という方法をとることになります。

増額自体は他のカードローンでもあるものですが、この場合も総量規制の対象となっている場合に明確な上限が決められてしまいます。

増額をする方法は、マイページなどから増額申請を選択し、所定の手順に沿って進めていけば完了できます。

申請自体は難しくありませんが、増額が決定するかどうかは審査によって決まります。

その為、その時点までにしっかりと審査を通過できるだけの「実績と信用」を得ていることが必要になります。

この審査を通過する為のコツは、「打診があるまで申請しない」というものです。

任意のタイミングで審査を申し込むことも出来ますが、新生銀行カードローンの方で「この利用者にはもっと貸せる」と判断した場合には「増額しませんか」という打診が来ます。

この段階で申し込みをすれば十中八九審査を突破することが出来ます。

新生銀行カードローンの増額・増枠申請をネットでしてみた

例えば、初めて(初回契約時)カードローンを利用するのであれば、申し込んだ消費者金融や銀行が「在籍確認」を行います。

これは電話で行われることが多く、人によっては「会社に借金がバレてしまうのではないか」という不安を感じるポイントでもあるのですが、必ずしも電話で行わなければいけないというものではないので、探せば書類で対応してくれるところが見つかります。

しかし、増額・増枠申請の時はどうなのかと言うことが分からなかったので、実際に私が身をもって体験してみました。

私が利用していた新生銀行カードローンに対して増額申請をしてみたところ、ここでの収入証明書や在籍確認が行われることはありませんでした。

ただ、ネットで公式サイトの説明を読んでみると、状況次第ではこれらが必要になることは間違いなさそうなので、私はたまたまそれが不要な状態にあっただけという判断が出来ると思います。

増額をするためには、対象のカードローン会社と「高い信頼関係が構築できている」と言うことが必要です。

信用の無い人に対して大きなお金を貸すはずはありませんから、幸いにも私の場合は「その時点では」必要な信頼関係が構築できていたのだと分かって安心できました。

新生銀行カードローンの増額審査を受けてみて

新生銀行カードローンで30万円の融資を受けていたのですが、車が故障して緊急で10万円ほど必要になりました。

そこで増額審査を受けたいと考えて新生銀行のWEBサイトを見ると、4つの方法が提示されています。

会員ページ、メール、レイクATM、電話という方法があり、てっとり早く申し込みができる電話を選びました。

お客様フリーダイヤルに連絡をするだけで、増額可能かどうかわかるのです。

審査の結果、見事に増額OKとなり、10万円アップの40万円の利用枠を確保したのです。

増額の金額が少ないことが審査に通過した理由だと感じます。

カードローンの情報サイトを見ると、過去に延滞があると追加融資は難しくなるそうです。

自分の場合は1年近く利用していますが、一度も延滞したことはありません。

過去に銀行振込による一括返済をしたこともあるので、信用力が上がっていたのでしょう。

信用力を上げるには最低6ヶ月は必要とのことであり、自分の場合も6ヶ月以上経過してからの増額審査だったので、問題なく通過できたと考えています。

カードローン返済の遅延を防ぐ方法としては、返済方法を口座引き落としに設定しています。

毎月指定日に引き落としされるので、遅延する心配がなくておすすめです。

新生銀行カードローンの限度額増額をした時の話をします

新生銀行カードローンと言えば「レイク」ですが、ここは最初消費者金融系として登場しましたが、現在では銀行系になっています。

当時から「何度でも無利息期間が利用出来る」と言ったメリットが斬新で高い注目を集めていましたが、現在は総量規制対象外のカードローンと言う点で大きな注目を集めています。

とは言え、初回契約段階から大きな上限金額が貰えることは少ないので、高額融資を希望するならば徐々に増額していくという流れが一般的になります。

限度額の増額頻度は人によって違いますし、その額も違います。ただ、しっかりと実績を積んだ段階で申請を行うようにしないと時期が延びてしまう可能性が高いので注意が必要です。

私の場合、「打診」を受けてから増額申請を行いました。

それよりもっと前からしたいという希望はあったのですが、失敗した時のリスクを考えると確実なタイミングで行った方が良いと思いここまで待つことにしました。

随分と長い時間が経ってしまった様な感じもしますが、無事に「増額しませんか」という案内をもらうことが出来、その時に申請をして難無く決定することに成功しました。

人によって期間が違うことはすでに書いていますが、可能な限り確実性を高める方法が私はおすすめだと思います。

参考:新生銀行カードローンの増額についての詳細はこちら

-カードローンの増額

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.