借り入れ方法各種

低金利のキャッシングのススメ【即日で来店不要でネットからOKなところは?】

投稿日:

大きな買い物をしようと思ったのですが、残念ながら手持ちの資金が足りなかったのです。

しかも分割払いなのはなく、どこかで借りる必要がありました。

フリーローンやキャッシングです。その時に一応クレジットカードのキャッシング枠を利用しようかとも考えたのですが、すでに持っているクレジットカードの枠では足りないので、増枠を申し込まなければならないし、それに金利も安くなかったので他にもっと低金利なキャッシングはないかと思い探したのが、銀行系のカードローンでした。

幸い給与振込みに使っていた銀行にも低金利なカードローンがあり、特に低金利キャッシングができる物を選んで申し込みました。

それまでクレジットカードは使っていましたがキャッシングなどの借入は利用したことがなく、不安でしたが特に問題もなく借入できました。

しかもとても低金利です。請求書の明細に同封されている広告のクレジットカードのキャッシングの金利しか知らなかったので、信じられないほどです。

今回は割合早く完済する予定ですが、この低金利は魅力なのでキャッシングの契約自身は残しておいて、これからも必要に応じて利用して行こうと思っています。

上限枠も大きく設定してもらえたので、それだけ資金の余裕が出来た感じです。

低金利でキャッシングした分を返済してしまう

生活費が足りなくなったとき、ちょっとご飯を食べに行きたい時などに、ちょくちょくキャッシングを利用します。

一回一回のキャッシングの額は1万円とかそんな程度ですが、総計するとかなりの額になっているようです。

このままではいけないと感じ始めたのはごく最近です。返済がつらくなってきているからです。

なんとか改善しようと調べていますと、今借りているところよりも低金利の消費者金融があることに気づきました。

今利用している金融会社は家の近くに自動契約機があることだけを理由に選んでいます。

借りたり返したりするのは楽ですが、その低金利の金融会社の自動契約機もそれほど遠くありません。

歩いて10分くらいのところですし、いつも買い物に行っているスーパーと同じ方向です。

インターネットでシミュレートしてみると、金利がわずかに違うだけでも支払う金額が大きく異なることを知りました。

低金利のほうで借入をして、今借りているところを返済すればいいのではないかと思い、限度額まで借入をすることにしました。

結局希望額までは借りられませんでしたが、遅れずに返済していたら限度額増額の案内がきて、増額してもともと借りていたところは全額返済しています。

キャッシングの審査が心配な場合は低金利の消費者金融での借入がお勧めです

キャッシングの審査が心配な場合は低金利の消費者金融での借入がお勧めですお金が急に必要になってキャッシングをする場合、銀行と消費者金融とではどちらがいいでしょうか。

実は私も、かつてキャッシングをしたことがあるのですが、その時は消費者金融にしました。

銀行という選択肢もありましたが、派遣社員であったこと、収入が月手取り15万位だったので、消費者金融の方を選んだのです。

それでもやはり低金利の方がいいと思い、法定金利の20パーセントよりももう少し低い、18パーセントの金利の業者にしました。

審査もきちんと通って、応対してくれた人もとてもいい雰囲気でしたし、借入額も10万円程度でしたので、利用後は月々1万円ずつ返済し、何とか1年足らずで完済できました。

ですから、銀行で借りたいけど銀行には抵抗があるという方は、こういう比較的馴染みがあって低金利の消費者金融をお勧めしたいと思います。

ただ注意したいのは、消費者金融は総量規制があることです。

総量規制とは、借り過ぎ防止のため借入に限度額を設けるもので、すべての消費者金融の借入に適用されます。

ですから、もし複数の消費者金融を利用している時は、借入総額が限度額を上回ることもあり、そのような場合にはキャッシングはできなくなります。

 

低金利な借入は銀行系キャッシング

低金利でキャッシングを利用しようと思ったときに、まず気になるのは実際に借りれるのかどうかと言うことが第一だと思いますけど、次は出来るだけ低金利で借入したいと言うことでしょう。

実際に借入が出来るかどうかは、他の借入がなければ返済できる収入があるか、それが安定しているかどうか、過去に何らかのトラブルはないかで決まると言えます。

特に問題がない人はどこでも借りれると言うことになります。

なら出来る限り低金利のキャッシングにしましょう。

そうなると候補はほぼ銀行系カードローンの絞られます。

銀行系カードローンでも保証会社などの差により比較的金利の高いものと、低金利な物があります。

多くの銀行は両方とも用意していますので、低金利な方を申し込んでください。

会社員で勤続が長く、収入も足りていれば借入できる可能性は高いと言えますので大丈夫でしょう。

 

-借り入れ方法各種

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.