借り入れ方法各種

東和銀行カードローンに申し込みしてお金借りる方法

投稿日:2016年12月19日 更新日:

冠婚葬祭や旅行のお金や友達と遊ぶお金がない場合には、借入をするといいでしょう。

適切な知識を身に着けておけば、借入をする人にとって有利に働きます。

東和銀行もカードローンを使って、お金借りることができる企業のうちの一つです。

銀行からお金を借りる場合には、総量規制にひっかからないので年収を気にする必要がありません。

総量規制にひっかかる場合には、年収の3分の1までしか借り入れができないといった条件があります。

東和銀行の申し込みの方法は、インターネットや店舗をつかってすることが出来ます。

必要な情報と書類を提出することによって、企業の審査を受けることが出来ます。

店舗の場合には、営業時間があるので申し込みをするときには気を付けましょう。

インターネットの場合には24時間利用ができるので、仕事が忙しい人や外出が難しい人でも利用ができるでしょう。

必要な書類に関しては、本人確認書類と年収証明書がいります。しかし、借入希望金額によっては年収証明書がいらないことがあるので、確認をしておきましょう。在籍確認に関しても企業名ではなく、個人名で勤め先に電話をするので、不安に思うことはありません。

無事に融資が受けられる状態になったら、カードをつかって現金を引きだすことができます。

東和銀行のカードローンには様々な種類があり、フリーローンもその一つです

東和銀行のカードローンには様々な種類のカードローンがありますが、その中にフリーローンがあります。

こちらの銀行が提供するカードローンのお金の使用目的ですが、事業性資金以外だとなんでも使用する事ができます。

申請は基本的には東和銀行銀行の窓口で申請するのが原則となっていますが、どうしても窓口に行く事ができない場合には、インターネットの公式サイトから申請する事も可能です。

融資額は10万円から300万円までとなっています。

消費者金融のキャッシングの場合には申請者本人が正社員として働いている事が条件となりますが、東和銀行のフリーローンの場合だとパートやアルバイトの場合でも利用可能です。

ただし信用情報登録機関から提供される信用情報に遅延や延滞などの金融事故の信用情報がない場合とアルバイトやパートの収入が安定している場合に限ります。

支払い方法ですが、東和銀行と利用者が取り決めした日に決まった金額を東和銀行の口座に振り込むことで、引き落としされます。

臨時賞与などの臨時収入がある場合には繰り上げ返済する事もできます。

その際には東和銀行のカスタマーサービスセンターに電話したら繰り上げ返済の具体的な方法を教えてもらう事ができます。

ネットか電話で申し込める東和銀行のカードローンの増額申請をしたいと思っています

毎日の生活を送っていく中で、ときおり、現金が足らなくなってくることは避けられません。

定期預金を取り崩すのももったいないですし、そんなときのために、銀行のカードローンの申し込みをすることにしました。

知人が東和銀行のカードローンがよかったという話をしていたこともあり、私も、東和銀行でカードローンの契約をすることにしたのです。

なんでも、東和銀行のカードローンは「とんとん」と呼ばれているそうです。

電話で申込方法を尋ねてみますと、パソコンや携帯電話、FAX、郵便から可能だといいます。

間違えてはいけないと思って、パソコンでネット経由の申込をいたしました。

そのときは、申込金額が100万円でしたので、所得証明書類は不要で、ネットだけで申込は完結いたしました。

ネット申込を済ませてほどなく、東和銀行から電話がかかってきて、審査に合格したので契約書類を自宅のほうに送るとのことでした。

指示された本人確認書類と記入を済ませた契約書を返送して、それで契約は済みました。

しばらく待って、自宅に、「とことん」カードが送られてきて、すぐにでも使えるようになったのです。

大変にスピーディーに処理が完了したのがうれしかったです。

使い勝手が非常にいいので、時期が来たら増額の申請をするつもりでいます。

新総合口座が魅力的な東和銀行とは

東和銀行とは、東京都や埼玉県、群馬県、栃木県周辺で主に営業を行っている金融機関です。

営業店の他、独自のATMコーナーも各地に多数用意しています。この他では、インターネット支店が存在します。

個人だけでなく、法人の立場でも各種サービスを利用可能です。

個人で利用するなら、総合口座の利用が便利です。

カタクリのはな、という新総合口座が用意されています。

普通預金と定期預金などを管理できる便利なものです。

新総合口座を利用するには、条件があります。

給与振込口座と公的年金振込口座に指定すること、電気やガス、電話料金、クレジットカードの支払いなどの、口座引落の指定口座にするのが必須です。

さらに東和銀行の住宅ローンを利用しなければなりません。

条件が厳しいものの、その分だけ他の決算用普通預金口座や定期預金口座よりも、柔軟でお得な利用ができるようになります。

例えば、普通預金であれば、東和銀行の時間外ATM利用時や他行の時間内ATM利用時に、毎月合計10回まで、手数料が発生しなくなります。

振込手数料が優遇され、108円の手数料なら、たったの58円で済みます。

金利が優遇される点にも注目です。

この他にも、カードローンや投資信託といったサービスが存在します。

-借り入れ方法各種

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.