マネーコラム

【初心者必見】メルカリ、ヤフオク、ラクマを徹底比較│あんなものまで売れる?

投稿日:2018年3月26日 更新日:

※2018年6月4日:本文一部修正

最近話題のメルカリやラクマ。

ヤフオクは私も以前利用したことがありますが、最近は様々なフリマ・オークションサイトがありますね。

家の中にある不用品といえば…

  • 子供のサイズアウトした服
  • 遊ばなくなったおもちゃ
  • 本・雑誌類
  • 買ったけど使わなかったもの

など…

捨てるのはもったいないような気がしますし、もし「ほしい・使いたい」と言ってくれる方がいるなら、安値でもお譲りしたいな、と思いませんか?

不用品を手放すだけではなく、少しでもお小遣いになれば、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、フリマ・オークションサイトを利用するのが不安、やり方がわからない、と悩まれている方も少なくないのでは?

今回は私の周りでも利用している方が多いメルカリ・ヤフオク・ラクマの3サイトを中心に
どういった違いがあるのか、それぞれ出品・落札手数料などを比較して
これからフリマ・オークションを始める方はどのサイトが良いのかをご紹介していきたいと思います。

お家の中をぐるっとみてみて「あ、これもう使わないな」というものが多い、断捨離したいけど捨てる勇気がない、捨てるのはもったいない、という方、ぜひ参考に
フリマ・オークションサイト利用を検討してみてくださいね。

ヤフオクやメルカリで売れている意外なものとは

オークションやフリマには、ご自宅にある不用品を出品したいと考えている方も多いですよね。

いざ出品しようと家の中をみてみると「こんなものは売れないよなぁ…」なんて考えてしまうものも。

でも、こんな意外なものでも出品されているのです。

ヤフオクではどのようなものが出品されているのか探してみました。

キッチンペーパーの芯


>>引用先:【ヤフオク】キッチンペーパー芯☆柔らかめ☆35本☆図工 工作道具☆トイレットペーパー芯対応
幼稚園や小学校での工作の時間に使うことも多いので出品されているのでしょうか。

ベルマークや使用済みインクカートリッジ

>>引用先:【ヤフオク】最後ベルマーク4,900点以上
幼稚園や小学校で集めているベルマーク
ご自宅では集めていないためオークションでまとめて購入して学校に持っていっている人がいるというのを耳にしたことがあります。
同じくメルカリでもベルマークや懸賞応募に使えるバーコードが出品されていました。

大きな巻貝など、まとめての出品

>>引用先:【ヤフオク】貝殻 標本 大きな巻貝 他 まとめ 特大・長さ40㎝以上
大きな巻貝など、まとめての出品。
こちらはハンドメイドの材料として使われたりするのでしょうか…
入札も入っています。

メルカリとヤフオク、ラクマってどんなサイト?

個人宅にある不用品などを手軽に販売できるサイトはいくつかありますが、サイトによって販売方法が異なりまず。

今回は

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ラクマ

の3サイトについて簡単に紹介していきましょう。

メルカリ

メルカリはフリマ形式の販売サイト
売り手が決めた値段で出品し、買い手側から値段交渉がある場合もありますが、値段交渉がなければ売り手が決めた価格で販売することができます。

オークションと違い、フリマ形式のサイトでは早いもの順なのでより早く購入手続きをした方が商品を購入することができ、運が良ければ出品後数時間で売れることもあります。
>>メルカリトップページ

ヤフオク

ヤフオクは、オークション出品とフリマ出品が選べます。

オークション出品

競りと同じ販売方法で売り手側が販売開始の金額と期間を決めて出品をします。
その値段で買いたいと思ったユーザーさんが入札、オークション終了時に一番高い金額で入札していた方がその商品を購入することができます。

入札が多ければ多いほど、値段が上がっていくものなので、人気商品だったり運がよければ開始価格よりもかなり高値で売れることも。

ヤフオクは、Yahoo!のプレミアム会員費用が、月額462円+税かかります。

その他、ヤフオクに出品、落札されると手数料が必要となりますのでご注意を。

フリマ出品

こちらはオークション出品と違って、出品時の価格で落札となり、出品後すぐに売れることもあるそうです。

ヤフオクの場合はプレミアム会員にならないと利用できませんが、フリマ出品のみでしたらYahoo!IDがあれば利用可能

また商品代金は「代金支払い管理サービス」を利用することになり
落札者(購入者)が支払った代金は出品者にすぐに入金されるのではなく、落札者(購入者)が受け取り連絡の手続きを行った後に出品者に支払われます。

手数料についてはこちらでまとめて記載していますのでご参考までにどうぞ。
>>メルカリ ヤフオク ラクマはそれぞれどういった違いがあるのか

ヤフオクはこちら
>>ヤフオクトップページ

ヤフオク!フリマ出品はこちら
>>ヤフオク フリマ出品

ラクマ

ラクマは楽天のフリマサービス

先日、ラクマとフリルというフリマサービスが統合することになり、これまでのラクマは2018年2月26日をもって終了となりました。

新しいラクマに登録するためには楽天会員のIDが必要で

売上金の受け取り申請の際に手数料が1件につき210円(楽天銀行宛の場合のみ手数料無料)かかるようになり、

2018年6月4日以降に出品した商品には「販売手数料として商品販売価格の3.5%」を支払うようになりました。

出品数や利用者が増えてきているアプリで、女性の利用者が多いそうですが利用者数ではメルカリの方が多いそうです。

新ラクマの公式サイトはこちら
>>新ラクマ(旧フリル)公式サイト

メルカリ ヤフオク ラクマはそれぞれどういった違いがあるのか


メルカリとラクマはフリマサイト、ヤフオクはオークションサイトですが、販売方法の違いの他にはどういった違いがあるのでしょうか。

これから初めて出品する、という方はフリマ形式なのか、オークション形式なのか、という点以外にも
出品・販売時にかかる手数料や代金の支払い方法といった基本情報もきちんと確認しておきたいですね。

メルカリ

ヤフオク

ラクマ

ユーザー層 10~40代 30~50代男性中心 20~30代
年齢制限 未成年は親の同意が必要 入札のみ:満15歳以上入札・出品:18歳以上 未成年は親の同意が必要
会員費用 プレミアム会員費:462円+税
出品手数料 10% フリマ・オークションどちらもなし 3.5%
落札手数料 なし 《フリマ出品》
プレミアム会員:8.64%
会員登録なし:10%
《オークション出品》
8.64%
なし
振込手数料 1万円以上は無料1万円以下は210円 なし 楽天銀行は1万円以上無料他金融機関は210円
売上金の申請期限 3か月以内 申請なし 1年以内
配送サービス メルカリ便175円~最大160サイズまで ヤフネコパック
205円~
ラクマパック179円~最大170サイズまで
匿名配送 あり あり なし
ブロック機能 あり あり あり
購入前申請 なし なし あり
PC版 あり あり あり

出品・落札(買い手が決まった時)の手数料を比較

メルカリ・ヤフオク・ラクマでは、出品や落札時の手数料が違います。

ヤフオクの場合、会員登録が必須で月額約500円
それに加え、落札されたら落札金額の8.64%の金額が手数料となります。

フリマ出品の場合はプレミアム会員にならなくても出品は可能ですが、落札手数料が落札金額の10%

メルカリは会員・落札手数料が無料ですが、1つ出品するとその10%の金額が出品手数料としてかかります。

ラクマは出品し購入された場合、商品金額の3.5%が手数料としてかかります。

手数料だけでは、どのサイトを利用するのが良いかは決められませんが
試しに出品してみようかな、というのであればラクマから始めてみるのもよいかもしれませんね。

《ソフトバンクユーザー注目!》
もしあなたがソフトバンクのスマホを利用しているならヤフオクの利用がおすすめ!
というのも、スマートログイン設定をすると、ヤフープレミアム会員費用(約500円)の追加支払いなしでプレミアム会員特典が利用できるからです。利用できるのは
  • ヤフオクの出品・落札
  • Yahoo!ショッピングでポイント10倍
  • ロハコでポイント10倍
  • 国内宿泊を予約してポイント5倍
  • 電子コミックを買ってポイント5倍

など…

ヤフオクを利用できるのはもちろんですが、無料で電子コミックが読めたり、お得に購入することができたりするのも嬉しいですよね。

メルカリ ヤフオク ラクマ それぞれのユーザー層の違い

あなたが出品したいなと考えているものはどのような年代の方が使いそうなものでしょうか。

ユーザー層の違いを把握しておけば、アイテムごとに
これはヤフオク出品がいいかな、こっちはメルカリがいいかな…と出品するサイトを選ぶこともできます。

ユーザー層に合わせた商品を出品することで売れやすくなりますよ。

  • メルカリ:10~30代の男女利用者が多い
  • ヤフオク:30代以上の男性利用者が多い
  • ラクマ:20~30代 主婦・サラリーマンが多い

それぞれ出品するのがおすすめのアイテムは?

それぞれサイトのユーザー層が異なるため、商品によって出品するアイテムを分けるのがおすすめです。

例えば…

  • 20代~30代の女性に売れそうなアイテム(アクセサリーやバッグ、小物など):ラクマ
  • ラクマで売れなかったアイテム:メルカリで再出品
  • 早めに売りたいもの:メルカリ
  • おもちゃ・プラモデル・工具など男性向け商品:メルカリとヤフオク

商品によって売れるサイトとそうでないサイトがあるので
少しずつ出品していく内にどのサイトに出品した方が良いか、わかるようになるかもしれませんね。

実際にはどんなものが売れているの?

では最後に、メルカリ・ラクマ・ヤフオクで実際にどのようなものが出品されていて入札があるのかみていきましょう。

それぞれ、サイト・アプリを見てみると、様々なジャンルの商品が出品されていますが、以下のジャンルの商品がよく売れるようです。

    • 生活家電
    • ファッション関係(大人も子供も)
    • 家具
    • 育児用品
    • モバイル機器
    • ゲーム機器・ソフト
    • お酒類
    • 健康グッズ

例えばヤフオクだから、この商品がすごく入札が入る、といったわけではなく
どのサイト・アプリでも上記のようなものが入札が入りやすいそうです。

また、時期によって売れるものが違うので季節を先取りしてこれから使えそうなものを出品するのもよく売れるコツだ、と友人が言っていました。

メルカリ・ヤフオク・ラクマ まとめ

いかがでしたか?

ヤフオク、メルカリ、ラクマなど様々なフリマ・オークションサイトがありますが
それぞれ有料会員登録が必要だったり、手数料が異なったり、発送時のサービスも異なります。

ヤフオクはオークションとフリマ出品のどちらにも対応していますが

  • フリマ出品の場合、会員登録なしでも可能、落札手数料は10%
  • オークション出品の場合、会員登録が必要ですが落札手数料は8.64%

メルカリは会員登録と販売手数料が必要ですが、利用者数も多く、出品後数時間で売れることも多いようです。
ファッション関係から、生活家電、デジタルガジェットなど幅広いジャンルの商品が出品・落札されています。

ラクマは楽天IDと2018年6月4日以降に出品した商品が売れた場合は販売手数料が必要となります。

それぞれ、同じような商品が出品・落札されていますが、出品時期や写真の取り方によっても売れ行きが変わってくるそうです。

実際にやってみないとわからないことも多々ありますし

初心者さんは、販売手数料が3.5%のラクマでお手元にある不用品を出品して、試してみてはいかがでしょうか。

以上、【初心者必見】メルカリ、ヤフオク、ラクマを徹底比較こんなものまで売れる? でした。

-マネーコラム

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.