マネーコラム

VISAカードが払えないときは消費者金融のキャッシングを利用するべき驚きの理由

投稿日:

VISAカードを使用していまして、引き落とし日に払えない場合のお話しをしようと思います。

VISAカードの場合、引き落とし日に残高が不足していて引き落としできなかった場合、翌日に再度、引き落としが実行されます。

そこで引き落としができれば良いのですが、そこでもダメだった場合は、郵送などで書面が届きます。

その内容は、期日までに振込または、再引き落としをするので、それまでの間にお金の準備をしておいて下さい、というものになります。

この時点では、損害遅延金もプラスされた形での請求となります。

ここでも払えない場合は、クレジットカードが停止されて、カードローンやクレジット利用ができなくなってしまいます。

その場合は、コールセンターに連絡して、支払ができる日を通知したり、返済の方法についての説明を受けます。

無事返済ができれば、再度利用可能となって、カードローン等も使えるようになります。

但し、この場合は信用を傷つけていることになるので、VISAカードの一定の基準に抵触していれば、何カ月か後であったとしても、同様に1回目の引き落とし日に引き落としできなかった時点や翌日の引き落としに間に合わなかった時点で、すぐにカードが停止されて、利用ができなくなることもあるので、当たり前の話ですが、支払日は順守しないといけないと思います。

現金がなくて払えない!そんな時に助かるVISAカードのキャッシングサービス

給料日になればお金が入ってすぐに払えるのに今現金が必要だ!なんてことありますよね。

そんな時はVISAカードのキャッシングサービスをお勧めします。

これはATM等でVISAカードを利用してお金を借りるサービスなのですが、通常のカードの請求と一緒に返済できるため返し忘れるなんてことはないんです。

ですので、たまたま現金が手元にないから払えないという状況になった際に非情に助かるサービスです。

相手が支払いは給料日で良いよって言ってくれれば悩むことはありませんが、ほとんどの場合、サービスの利用時や商品の購入時に代金を要求してきます。

カードが普及してきたといっても、まだまだ現金払いがいいという方が沢山いらっしゃいますよね。

すごく自分にとって良い物を見つけたのにも関わらず、現金払いオンリーという状況で支払う能力はあるのに、現金がないから払えない…凄く損した気持ちになるに違いありません。

そんな時にはこのサービスです。

また、海外旅行行った際には、現地のATMで現地の通貨をキャッシングで手に入れることができます。

入国前から大量の現金を持っていく必要がないため、とても助かる便利なサービスです。

日本でお金は借りたくないという方でも、海外では間違いなく活躍するサービスですよ。

VISAカードを払えない場合にはリボ払いにすればよいのです

fotolia_59073925_subscription_monthly_mVISAカードを取得して以来、コンビニやスーパーなどに食料品や日用雑貨を購入しています。

ポイントが1パーセント貯まってくれるので意外に便利だし、気がつけば大きな金額になっているので助かるんですよね。

ただ、VISAカードはその便利さゆえにいつも使いすぎてしまう、というのがデメリットです。

きちんと自制をして、金額を把握できる人間だったら、きっと払えないといって困ることは皆無なのでしょう。

しかし、私の場合には、あまり細かいことを気にしない性格なのでどうしても月末になると一悶着あります。

家族に頭を下げたり、友人を頼って乗り切ることもありましたが、そう何度も通じるような手ではありません。

人間関係がかかっているためしつこくお願いをするのもいけませんので、基本的には自分で乗り切るしかないのです。

払えない場合の工夫としては、月の中頃までにWEB上の明細をチェックすることで、後からリボ払いにすることも可能なんです。

リボ払いにすれば利息ぐらいかかっても次の月にスキップすることができるし、返済金額も自分で決められるので、本当に便利な代物です。

こうやって引き伸ばしておいて日雇いのアルバイトをするなどしてお金を作って、翌月一括返済をしています。

現金がなくて払えないけど消費者金融は嫌!そんな方はVISAカードのキャッシングを利用しましょう

たまたま手元に現金がなくてお金を払えないという経験はありますでしょうか。

でも、消費者金融でお金を借りるのはちょっと抵抗があるという方は少なくないと思います。

そのような方にはVISAカードのキャッシング機能を使ってみましょう。

ATMやインターネットで現金の前借りができます。

利用限度額はショッピング枠とは別に設定されていると思いますが、返済方法に変わりはありません。

また、キャッシングで借りたお金は通常、ショッピング枠で購入した代金を支払う時と同じなので利息も大きく膨れ上がることはありません。

消費者金融のイメージは人によると思います。

絶対現金じゃなきゃ嫌だという人がいらっしゃいますように、消費者金融を利用したくないと考える人は少なくありません。

ですが、カードでショッピングするようにキャッシングを利用すると考えれば、後ろめたいことは一切ないでしょう。

現金がなくてチャンスを逃す、信頼を失うなんてことにならないためにも、ぜひこのサービスは知っておいて下さい。

限度額や詳細情報は自分が契約したカード発行会社に問い合わせてみてください。

多くはカードの裏面にその情報が記載されております。

VISAカードはあくまでブランドですので、勘違いのないようにお気をつけ下さい。

現金が払えないという状況がいつ起こるかわかりません。

備えあれば憂いなしですよ。

VISAカードが払えない時に子どもたちがいってくれたセリフ

計算娘、息子、そして私の3人暮らしをしながら都会の片隅で生活をしています。

妻には先立たされてしまったので男で1つで家計を支えながら、家事もこなさなければならないのです。

それでも子どもたちはよい子に育ってくれて、学校での成績も優秀ですし、家の手伝いもよくしてくれます。

将来が楽しみだからこそ育てることができているのですが、長時間の仕事をできないがためにパートで家計を支えていたんですよね。

なので、どうしても足りない分についてはVISAカードで食料品を購入してしのいでいました

今まではVISAカードの請求が払えない、ということはなかったのですが、運悪く遠くに住んでいる実家の母親が倒れてしまったのでその見舞いに行くための交通費が急遽必要になりました。

自分を育ててくれた人ですから私だけでも駆けつける必要があったので、VISAカードで払えないとわかっていてもキャッシングすることになったのです。

その先のことは考えはいませんでしたが、思いつめた様子を心配したのか高校生と大学生になる娘と息子がアルバイトをして家計を支えてくれる、といったのです。

しかし、子どもたちにはやはり勉強を頑張ってほしいので、私が他にアルバイトを見つけて必ず返済していきます。

-マネーコラム

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.