カードローンの増額

山形銀行カードローン増額や増枠の申し込みと審査・電話手続きについて

投稿日:2016年11月3日 更新日:

普通預金口座がなくても、申込をすることが出来るのが、山形銀行カードローンです。
正社員として働いているという人はもちろんのこと、派遣社員やアルバイト・パートとして働いているという人でも安定した収入があれば、申し込みをすることが出来ます。

申し込み時間などにもよりますが、最短で申し込んだその日のうちに融資を受けることが出来ますので、すぐにお金が必要という人にもおすすめです。

山形銀行カードローンでは、初回利用時に融資限度額が決められます。
この金額以内であれば、特別な手続きの必要なく追加融資を受けることが出来ますが、それ以上の金額を借りたいという場合には、増額申請をする必要があります。

増額申請の方法は山形銀行普通預金口座のキャッシュカードを持っているかどうかにより異なります。
キャッシュカードを所有しているという場合であれば、インターネットから申し込みをすることが出来ますが、所有していない場合には電話での申し込みとなります。

申し込み後、審査を受け、通過することが出来れば、利用限度額が増額されます。審査を通過するためには、利用実績があるということに加えて、返済遅延などが無いことが求められることが多いようです。

山形銀行カードローンの利用限度額増額の際の審査に通過するためのポイントとは

契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の人であり、保証会社の保証を受けることが出来るという場合であれば、誰でも申し込みをすることが出来るのが、山形銀行カードローンです。

用途を限定しないフリーローンですので、事業資金として使用する以外であれば使い道が制限されるということはありません。

消費者金融と比べると、金利が低く設定されていますので、同じ金額を借りた場合には返済総額を抑えることが出来ます。

山形銀行カードローンで利用限度額の増額を申請した場合には、初回利用時と同様に審査を受ける必要があります。
審査を通過するためには、利用実績が必要となります。

目安としては半年から1年程度と言われていますが、この間、滞り無く返済を続けることが出来れば、信用度が高まりますので、審査に通過しやすいと言われています。
逆に、返済が遅れるなどの金融事故を起こした場合には審査を通過することが難しくなると言っても過言ではありません。

また、初回申込時と収入や勤務先などに変化があった場合には、速やかに伝えるようにしましょう。

増額申請の審査の段階で年収が低くなったということが分かった場合には、場合によっては限度額が増額ではなく減額されることもあります。

山形銀行カードローンの利用限度額の増枠・増額手続きでは在籍確認が行われる

私が初めて利用したカードローンは、近所にあった山形銀行のカードローンでした。
初めて利用するということもあり、山形銀行カードローンの利用限度額はそれほど高額ではありませんでした。

そのため、思ったよりも短期間で利用限度額いっぱいにお金を借りてしまい、増額申請をしました。
山形銀行カードローンの利用限度額の増枠申込の方法は電話とインターネットで行うことが出来ますが、私はインターネットで行いました。

手続きについては、指示に従って必要事項を入力するだけと非常に簡単で、短時間で終了しました。増額申請をすると、審査が行われますが、初回利用時の時と同じように、在籍確認が行われたのでびっくりしました。

私は増額手続きでは、在籍確認は行われないものだと思っていました。なお、在籍確認は電話で行われましたが、たまたま私が電話で対応しました。

銀行名を名乗るということはなく、担当者の個人名で行われましたので、他の人にバレるという事はなかったでしょう。

増額の審査については、無事、通過することが出来ました。結果が出るまでドキドキしていましたが、無事増額の審査を通過することが出来たということを知った時には、本当に嬉しかったです。

山形銀行カードローンの増額手続きを電話でしました

山形銀行カードローンを利用してお金を借りていたのですが、最初に決められた利用限度額では足りなくなってしまい、増額申請の手続きを行いました。

私が限度額増額の申請をしたのは、初めて利用した時から2年程度が経過した時でした。
それまでも増額の案内は何度かあったのですが、必要が無いと思い、手続きはしていませんでした。

インターネットと電話で申し込みをすることが出来るようでしたが、私は電話で申し込みをしました。何度もシミュレーションをしてから申込をしました。

思っていた以上にスムーズに申し込みをすることが出来て、びっくりしました。申込をしてから、結果が出るまでには、少し時間がかかりましたが、無事審査を通過することが出来たらしく、利用限度額が以前よりも多くなりました。

審査を通貨することが出来なかった場合には、消費者金融の利用も検討していたので、増額してもらうことが出来て本当に助かりました。

カードローンは、一度利用すると、その便利さからどんどん利用する機会が多くなってしまうので、注意をしなければならないと思っています。使う使わないに関わらず、利用限度額が増額されたことにより、気持ちに余裕を持つことが出来るようになりました。

参考:山形銀行公式サイト

-カードローンの増額

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.